Photo by Buzz Andersen on Unsplash

壮大なスケールの地球進化史『海はどうしてできたのか』

「水の惑星」46億年の事件史!

「前書き図書館」メニューページはこちら

「水の惑星」46億年の事件史!

 宇宙で唯一知られる「液体の水」をもつ海は、さながら「地獄絵図」の原始地球でいくつもの「幸運」の末に産声をあげました。しかし、それはわたしたちにとっては、猛毒物質に満ちたおそるべき海だったのです。

 原始海洋が想像を絶する数々の大事件を経て「母なる海」へと変容するまでの過程から46億年の地球進化史を読み解き、将来、海が消えるシナリオにまで迫ります。

はじめに

 海辺に佇んで夕日が沈むのを見ていると、赤々と燃えるような色に染まった海と陸と空が三位一体となって、荘厳な風景を描きだします。そのようなとき、私の頭のなかでは決まって、ドボルザークの「新世界より」が奏でられます。

sunsetPhoto by Dakota Monk from Burst

 それは私にとっては、遥かな過去に思いを向かわせ、また、無限の未来への想像をかきたてられる調べです。

 やがて陽がすっかり落ち、あたりが薄暗くなると、月が昇り、星が輝きだします。海面には月の影が細長く揺れています。過去と未来を想起させる「新世界より」に、浜辺に打ち寄せる波の音が絶妙なハーモニーとなって重なります。すると、この潮騒は何十億年も前からこうして繰り返されてきて、これからも鳴りつづけるのだということにあらためて気づき、なぜか心の安らぎを覚えるのです。私という存在、人間という存在のすべてが、大いなる海に抱かれていることを確認できるからなのでしょうか。

 京都に生まれ育った私は、子供の頃は夏休みによく若狭湾に出かけて、飛び込みをしたり、海に潜って魚や貝を獲ったりして遊びました。当時の私は潮騒の音を聞きながら、この海の向こうはどこにつながっているのだろう、遠くのほうの海はどれほど深いのだろう、海の水はなぜ塩からいのだろう、そして、海はいったいいつ、どのようにしてできたのだろう、などということを、いつも考えていたものでした。

 そうした疑問にみちびかれるように、成長してからは海を専門とする地球科学を研究するようになりました。観測船に乗って、1000日以上も海の上で過ごし、水深6500mまで潜れる潜水調査船「しんかい6500」などで計59回も深海を潜航しました。いつのまにか海は私にとって仕事場となり、さらにいえば人生そのものになっていたのです。

 子供の頃に抱いた疑問は、いまでは大分わかってきました。たとえば、海は遠くのほうほど浅くなっていることを知ったのは驚きでした。そして、海が現在のような姿になるまでには、大気や陸、そして生命とのほとんど奇跡ともいえる絶妙の相互作用があったことを知り、深い感動を覚えました。