清原亜希 第1回 「"ピッコログランデ・フレンドシップ"で結ばれたモデルとシマジの間柄」

島地 勝彦 プロフィール

シマジ 亜希ちゃんはどうしてあのショップを知ったんですか?

清原 わたしは隣の和食屋さんによく行っていたんです。そのお店はもういまはありませんが、しょっちゅうピッコログランデのショーウインドーをのぞいていて、センスがいいので気になって、入ってみたのが15年ほど前。まだ清原と結婚する前でした。

シマジ 清原さんもよく行かれるようですね。

清原 彼の場合は特注で作ってもらっているようです。

シマジ なるほど。一般市民のサイズじゃ番長には合いませんよね。

 しかし亜希ちゃんはスタイルもいいし、肌もきれいですね。何か特別なことをしてるんですか?

清原 何もしていません。ただわたしは夜は8時30分には子どもと一緒に寝ています。

立木 8時半か。どこかで聞いた時刻だね。あっ、そうだ、資生堂の福原さんだ。

シマジ でも福原さんは80歳ですからね。

清原 わたしは44歳です。

シマジ 8時半に寝る44歳は、日本中探してもそうはいないでしょう。番長は何時頃寝るんですか?

清原 彼が何時に寝ているのかは知りませんが、わたしは5時には起きます。それから子どもたちが起きるまでが、わたしひとりの幸せな時間なんです。

セオ 番長も8時半に寝ていたら事件ですよね。

立木 5時に起きるのも福原さんと一緒だね。

シマジ しかし、よくそんなに早く眠れますね。毎晩8時間30分眠っていることになりますね。

清原 寝過ぎでしょうか。でもこれはもう習慣になっているんです。

〈次回につづく〉

 

清原亜希 (きよはら・あき)1969年福井県福井市生まれ。旧姓は木村亜希。1984年ミス・セブンティーンコンテスト全国大会で特別賞を受賞した工藤静香、柴田くに子とともにセブンティーンクラブを結成してレコードデビュー。1985年に解散。B・C・Gを経て、以降モデルとして活躍。2000年に元プロ野球選手の清原和博と結婚。二児の母となった後、2008年4月~2010年4月号まで雑誌『STORY』の表紙モデルを務めた。2011年5月には、第4回ベストマザー賞文化部門を受賞。現在も雑誌やCMなどで活躍中。オフィシャルブログ: http://aki-kiyohara.com/
島地勝彦 (しまじ・かつひこ) 1941年、東京都生まれる。青山学院大学卒業後、集英社に入社。『週刊プレイボーイ』『PLAYBOY』『Bart』の編集長を歴任。現在、コラムニストとして活躍。著書に『乗り移り人生相談』(講談社)、『知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者』(講談社)など。Webで乗り移り人生相談Treatment & Grooming At Shimaji Salonを連載中。

島地勝彦=責任編集
マグナカルタ Vol.02
(ヴィレッジブックス刊、税込み980円)
開高健〈マグナカルタ九章〉の精神に基づいた新メディア創刊! 発行人&編集長の人脈のオンパレードである豪華執筆陣の健筆はまさに必読。第2号は「特集 新・日本人の研究」

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

著者: 島地勝彦
アカの他人の七光り
(講談社、税込み1,575円)
新こんなに楽しみながら「一般教養」が身についてバチが当たらないだろうか? 男女の機微、食にまつわる薀蓄、そしてローマの英雄の物語まで、これでもかと向上心が目を覚ます。

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。