医者には患者の死が見えている!でも本当のことは言いません…

医者はこんなときにウソつく
週刊現代 プロフィール

第2部 医師対談 川越厚×勝俣範之
病院に「殺されない」ために知っておくべきこと

川越 勝俣先生は、腫瘍内科医としてがん治療の現場で頑張っておられる医師で、私は、治療法がないと言われた患者さんが最期まで自宅で良い時間を過ごせるための支援を行うホスピス医です。今日はそれぞれの立場から話し合ってみたいと思います。

勝俣 私が医療の現場で気になるのは、まずインフォームド・コンセントについてです。15年以上前にこの概念が日本に入ってきて、説明と同意が大切だとなりましたが、その結果どうなったか。医者は説明だけして、患者さんに決めさせるスタイルになったんです。

 つまり、がんが進行して治療が行き詰まると、あなたの選択肢はこれだけですから、あとは自分で決めてくださいと。医者の責任逃れであると同時に、患者を困惑させるやり方です。

川越 本来なら、病状を伝え、治療の選択肢について、それぞれのメリットとデメリットを説明する。そのうえでどうするかを一緒に考えていくのが医者でしょう。

勝俣 さらに、それを機械的にやるものだから、患者は突き放されたように受け止めてしまう。医療不信のような状況になっているのは、患者さんとのコミュニケーションがとれていないことが原因だと思いますね。

川越 ただ、治療法の可能性を提示せず、藁にもすがる思いの患者さんをビジネスチャンスとしてとらえる医者が一部いることも、残念ながら事実です。

 30代後半の末期がんの患者さんで、こんなケースがありました。免疫療法を受けるために500万円をあるクリニックに支払ったけど、治療を受ける前に亡くなってしまった。その治療費は戻ってこなかったそうです。ご遺族は、「覚悟してそれを選んだのだからいいんだ」とおっしゃっていましたが。がんの場合はとくに、治療法をひとつしか提示しない医者は、要注意と言えるでしょうね。

 

再発の可能性を言わない

勝俣 こんな問題もあります。治療の結果、がんが完全に消えた状態(完全寛解)になることがあるのですが、それは、がんが治ったということではない。再発する可能性もあるんです。でも、医者は「がんは消えました」とだけ言い、患者はそれで「治った」と勘違いしてしまう。

川越 医者としても、患者を励ましたいから「消えましたよ、よかったですね」などと言ってしまう。でも、そこで浮かれてはいけない。がんは最後まで診ないと怖いんです。医者は、意識してウソをつこうとは思わないのですが、本当のことを言わないということはありますね。外科医など大半の医師は、病気は治すものという信念がありますし、「なんとか患者さんを救いたい」という思いが先に立って、「再発するかもしれない」という現実から目を背けがちですから。

関連記事

おすすめの記事