徹底分析 大谷翔平と藤浪晋太郎 なぜふたりの評価が大逆転したのか プロに入って分かったその素質の違い

週刊現代 プロフィール

「そもそも、こんな英才教育は異例中の異例なのですが、その場で和田監督は、ベテランでも悩むような質問を次々とぶつけたそうなんです。でも藤浪はスラスラと淀みなく答えた。『何でもすぐに答えるんだ』と監督はご機嫌で、藤浪も『落ち着いて答えられました』と満足そうでしたね」(スポーツ紙阪神担当記者)

 ちなみに藤浪は、プロ入り前から、野村克也氏の著作を何冊も読破している。キャンプにも3冊持ち込んでいたそうだ。

 野村氏の著作を愛読する理由を藤浪本人は、

「キャッチャー目線で野球を観察することは、投手としての幅を広げる」

 と明かしている。

 大谷とはひと味ちがうプロ意識の高さは、和田監督をはじめ、周囲の認めるところとなりつつある。

 大谷が愛される「スター」への階段を着々と上っているとすれば、藤浪はさしずめ「求道者」の道を歩んでいるように見える。

 ファンあってのプロ野球、という意味では、現在のところ大谷の評価は藤浪を圧倒している。だが、「即戦力」という観点からは、藤浪を推す声が多いのも事実だ。

「藤浪は強心臓ぶりもかなりのもので、オープン戦では正捕手・藤井彰人のサインにクビを振り、当の藤井が『高卒ルーキーが、なかなかできることじゃない』と感心していました。

 状態もチームで一番いい。同期の北條史也(光星学院)が、『あいつとのキャッチボールは、普通のグラブじゃ痛くてできない。キャッチャーミットを用意しないと』とこぼしていたくらい球が重い」(前出・記者)

 いよいよ開幕が近づく今、ファンの関心も「実際どちらが活躍するか」に移ってきている。

 藤浪の開幕ローテーション入りはほぼ確実と言われている。

「ウチの打線では、最初の対戦は打てないだろうな」

 と、藤浪の投球を視察した中日スコアラーは、早くも頭を抱えているという。

「高校時代、僕は大谷くんのほうを評価していました」

 と語るのは、一昨年まで落合博満前監督の右腕として中日でヘッドコーチを務めた森繁和氏だ。