第14回 30代女性4人の大座談会①「自立できない男性も、こうすれば恋愛や結婚ができますよ!」

撮影:大坪尚人(以下全点)

同じような家庭環境で育った人と結婚したい

 こんにちは! 川村ひかるです。

 今年の冬は例年より寒かったけど、ようやく梅の花も咲きました。少しずつ春に向かっていることが実感できるようになってきましたね。さあ、いよいよ恋の季節です。

 男性の皆さん、頑張って!・・・って、本当は私が頑張らなきゃいけないんですけど(笑)。

 さて、今回は私と仲のいい30代の女性3人に集まって頂き、「女子会」をして、そこで出たお話を3回にわたってご紹介することにしました! 参加者は私の他、元CA(キャビンアテンダント)で今はアパレル関係のお仕事をしている美佳子さん、アクセサリー販売のお仕事をしている真弓さん、ネイリストの由梨さん。

 ふだんからよく一緒にご飯を食べたりするメンバーで、年齢はみんな30代半ば(一応、33歳の私が最年少)です。男性にとって、30代女性たちのダイレクトな声を聞く機会は、あまりないと思います。男性観、恋愛観、結婚観と、赤裸々な本音(?)が次々と飛び出しますよ。

 こわいお説教なんかじゃなくて、優しいアドバイスばかりです。女性にモテたいと思っている男性や、良い恋愛や結婚をしたいと考えている男性は、ぜひ参考にしてくださいね。

 では、さっそく始めましょう!

***

美佳子 そういえば、私たちの中で結婚してるのって、由梨ちゃんだけなんだよね。あとの3人はみんな独身。これくらいの年齢(とし)になって独身だと、世間から、かなり性格が悪いんじゃないかとか、変わった趣味を持ってるんじゃないかって思われてない?

真弓 美佳子ってモテそうだからねえ。「なんでこの人が独身なんだろう」って、余計に不思議がられるんじゃないの?

ひかる みんな、結婚する男性に求める条件ってどんなこと?

美佳子 大事なのは、その男性の家庭環境だと思う。親兄弟と一緒にずっと育ってきた環境って、30代にもなると、もう変えられないでしょ。結婚するなら、家庭環境や育ってきた環境が似ている人の方が絶対にいい。

ひかる でも、美佳ちゃんはちょっと特殊な家庭環境じゃん。お父さんをはじめ、お医者さん一家で。

由梨 そうだ、エリート一家だったね。

美佳子 私、別に結婚相手はお医者さんじゃなくてもいいの。ていうか、お医者さんって私のこと受け入れてくれないんだよね(笑)。

 何人かお医者さんの知り合いもいるけど、私、よく「服が派手だから、もっと抑えた方がいいんじゃない?」って言われる。医者の奥さんって、あまり派手だといけないのよ。でも、それは無理なんだよね、今さら。

由梨 元CAだし、いきなり地味にはできないよね。

美佳子 まあ、今すぐ結婚したいというわけでもないから、いいんだけど・・・。

真弓 それはあるよね。ここまで一人で生きてくると、基本、自分一人で何でもこなせちゃうでしょ? 結構自由だから、家に帰って旦那のためにご飯作るとか、そういうのは面倒臭いなぁって思っちゃう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら