キャンプイン! 大谷、藤浪、東浜「初勝利は誰か、新人王は誰か」

フライデー プロフィール
キャンプ初日に投手コーチから下半身の不安定さを指摘された東浜。走り込みメニューを課され苦悶の表情

東浜は開幕ローテ入り

 さて、以上3人の大物新人のうち、初年度から最も活躍するのは誰なのか。

 前出の橋本氏、佐野氏に、PL学園時代に甲子園春夏連覇を達成した野村弘樹氏(元横浜)を加え、大胆予想を展開する。まずは、一番最初に勝ち星を挙げるのは―?

橋本「あえて大谷で。栗山(英樹)監督がウルトラC的な起用をする気がします。先発ではなく2番手、3番手で登板させて勝ちを付ける、なんてことがあるかも」

佐野「ローテ入りの可能性が十分の東浜。大谷や藤浪は、開幕から無理にローテに加える必要性がありませんから」

野村「精密なコントロールを誇る東浜。ちなみにセ・リーグは菅野(智之、巨人)でしょうね。やはりローテ入り濃厚の先発投手ということで」

 それでは新人王に最も近いのは―?

橋本「期待を込めて藤浪に一票。甲子園のスターを生え抜きで育ててほしい」

佐野「勝ち星を稼ぐ投手とは、勝ち方を知っている投手。東浜で決まりでしょう」

野村「いきなり2ケタ勝ってもおかしくない東浜です。大谷も藤浪も、4~5年後には15勝できる投手ですけどね」

 即戦力との観点から、東浜がやはり一歩リードか。もちろん大谷らの早い時期からの〝覚醒〟にも期待したいところだ。

「フライデー」2013年2月22日号より