斎藤佑樹ら「崖っぷち組」がすがるイチローの師匠

フライデー プロフィール
隣接しているホテルから出てきた岩瀬。雪の中でのランニングなど、地道にトレーニングに励んでいた

 機能不全に陥った肉体をみずみずしく再生する―。奇しくもこの日、同所で汗を流していたのは岩瀬仁紀(38)と川上憲伸(37)という中日のベテラン二人。斎藤と同じく不本意なシーズンを過ごした〝崖っぷち選手〟たちだった。

 だが、斎藤はまだ24歳と若い。昨季の不調の原因は何だったのか。

「実は昨年7月、二軍に落ちる直前に、当時の福良(淳一)ヘッドコーチからクイックの練習を強要され、フォームを狂わされてしまったんです。本来なら吉井(理人)投手コーチが斎藤を守らなければならなかったが、斎藤はプライドが高く感情を表には出さないため、吉井コーチも〝放任〟扱いするしかなかったんです」(日本ハム関係者)

 投手陣には新たに木佐貫洋(32)が加わり、ローテ争いは苛烈だ。キャンプインを二軍で迎えた斎藤は、プロ3年目にして、最大の試練の時を迎えている。

「フライデー」2013年2月15日号より

編集部からのお知らせ!
ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/