[虎四ミーティング]
駒田徳広(プロ野球解説者)<前編>「“無死満塁で敬遠”伝説の真相」

スポーツコミュニケーションズ

左投右打から左投左打へ

二宮: 駒田さんは奈良県立桜井商業出身ですが、智弁学園や天理など、私立の強豪校からの誘いは?
駒田: いえいえ、中学校まではそんなに目立つ方ではなかったんです。それに、僕は桜井商で良かったと思うんです。智弁学園や天理みたいな競争の激しい強豪校に行っていたら、3年間、試合に出場できなかったんじゃないかなと。そしたら、スカウトにも見てもらえなかったでしょうからね。1年時から試合に出場できた桜井商だったから、プロに行けたのかなと思っているんです。

二宮: 大型選手で、左利きというのも大きかったでしょうね。
駒田: それは多分にしてあると思いますね。でも、実は僕、中学1年までは左投右打だったんです。

二宮: 右投左打はわかりますが、左投右打は珍しいですね。
駒田: どうして右打ちだったのかはわからないのですが、ずっと右で打っていましたから、自分としてはそれが自然だったんです。そしたら中学の監督に「左で投げているのに、なんでわざわざ右で打っているんだ? 左打ちの方が有利なんだから、左にかえろ!」と言われてかえたのが中学1年の秋でした。

二宮: 実際に左にかえていかがでしたか?
駒田: 最初は嫌々でしたね。「左でなんて打てるわけがないだろう」と思っていたんです。でも、やっぱり生まれつき左利きですから、力の伝え方はその方が自然だったんでしょうね。中学まではわからなかったのですが、高校に入って硬式を使い始めた時に、打球の飛び方が一人だけ違っていたんです。「オレだけ、なんでこんなに飛ぶんだろう」と。今思えば、あのまま右打ちだったら、おそらくプロ野球選手にはなれていなかったでしょうね。

二宮: それが伝説となっている高校時代の「無死満塁での敬遠」にもつながっているんでしょうね。
駒田: ちょっと話が大きくなって伝えられているんですけどね(笑)。高校3年の夏、甲子園をかけた天理との決勝戦、実はその試合で、満塁で2度も僕に打順が廻ってきたんです。1度目はストレートの四球で押し出しでした。ところが、その後、先発の僕が乱調で2年後にダイエーに入った藤本博史に満塁ホームランを打たれてしまったんです。2度目の満塁での打席では5点差ありましたから、今度はしっかりと勝負してくれました。それで、僕はホームランを打ったんです。でも、結局その後のピッチングがダメで、8-13で負けてしまいました。その試合後に、天理の監督が僕にホームランを打たれたことについて「だから、全部歩かせていいって言ったのに」とコメントされたんです。それで1度目の満塁の時の押し出しが「歩かせた」と。でも、キャッチャーが立って明らかに外してきたわけではなかったんです。

二宮: ハハァ、そういうことだったんですね。
駒田: そうなんです。でも、この話が大きくなったことで、僕としてはプロに入りやすくなったんじゃないかなと思っていますけどね(笑)。

二宮: 松井秀喜の5打席連続敬遠もそうですけど、“伝説”を持つ選手は、スカウトの注目度も増す。
駒田: はい。おかげで翌年、巨人にドラフト2位で指名してもらいました。