「マッキー牧元のおいしいトレンド」
すきやばし次郎よりキッチン南海が上?「食べログ」リテラシーを高める方法

自分の直感を大事にする

食べログ。皆さんも飲食店を探すときに利用しているだろう。私もよく利用している。主な目的は3つだ。

 1.店の電話番号と住所を調べる
 2.まったく情報のない土地での飲食店情報を探す
 3.お値打ちなランチ情報を得る

以上を調べるのには、非常に便利である。

 しかしこうした3つの目的以外でも試すことがある。あまりなじみのない土地を決め、どこにも情報がでていない、いい店を探すのだ。その時、一番重きを置くのは料理の写真とメニュー名である。点数やランキング、口コミは無視をする。

 アップされている料理の写真を真摯に眺め、想像を膨らまし、その料理の風味や創造性、レシピを夢想する。あるいは、出ていないケースもあるが、メニューの写真があれば、そのメニュー名を見て同様に想像をする。

 例外もあるが、料理の写真、メニュー名を真剣に見つめ頭をめぐらすと、なにかオーナーやシェフの才覚やメッセージが見えてくるはずだ。その自分の直感を大事にする。

 そして出かける。必ず一人で。 なあにはずれても、痛むのは自分の財布と時間だけだ。その上、自分の直感力の未熟さに気づくことができる。・・(以下略)

メルマガ「現代ビジネスブレイブ」より

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら