[サッカー]
大野俊三「今年こそ強い鹿島を見たい」

スポーツコミュニケーションズ

ルーキー・植田、鹿島の壁になれるか

 天皇杯、高校サッカーと終われば、待ち遠しいのがJの開幕です。現在、各クラブはキャンプを行い、長いシーズンに向けた準備を進めています。

 古巣・鹿島アントラーズは昨年に続き、チームが大きく変わりました。まず、トニーニョ・セレーゾが指揮官に復帰しました。昨季はジョルジーニョ監督がダブルボランチをワンボランチに変えるなど、短期間でチームの戦い方を変更したため、選手たちの理解が深まらず、スタートのもたつきにつながってしまいました。同じ失敗を繰り返さないよう、今行われているキャンプでセレーゾ監督の掲げるサッカーを十分に浸透させることが逆襲への絶対条件です。

 では、新指揮官はどのようなサッカーを志向しているのでしょうか。それは守備から入る戦い方です。ボランチ出身のセレーゾ監督らしいサッカーとも言えるでしょう。強固なディフェンスから、個の突破やチームとしての崩しを織り交ぜる。チーム内には小笠原満男や本山雅史など、彼が2000年から6季指揮していた時の選手もいます。こういった選手たちがセレーゾ監督のコンセプトを伝える橋渡し役も担ってほしいですね。

 選手構成も大きく入れかわりました。FW興梠慎三(浦和)、MF増田誓志(韓国・蔚山現代)、DF新井場徹(C大阪)ら主力級がチームを去った一方、MF中村充孝(京都)やJ2得点王のFWダヴィ(甲府)らが新たに加入しました。MF野沢拓也(神戸)も復帰しています。攻撃陣は充実しているだけに、一層、守備の安定が必要になってくるでしょう。

 新人では超高校級DFとして加入した植田直通(熊本・大津)に注目しています。彼の優れている点はボールや相手の動きを予測してポジショニングできることです。これはJでも十分通用すると思いますね。

 ボールを奪う時の球際の力強さや相手との駆け引きに不安はありますが、幸いにも鹿島には岩政大樹や青木剛ら経験豊富な先輩がいます。彼らと一緒にプレーし、たくさんのことを学んでほしいものです。繰り返しになりますが、セレーゾ監督は守備を第一に考える指導者です。もし、植田がキャンプでDFとしての総合力を高め、指揮官にアピールできれば、開幕スタメンもあり得るのではないでしょうか。彼には鹿島の新たな壁になることを大いに期待しています。

 キャンプはシーズンの行方を占う重要な準備期間です。全員がケガなく開幕を迎え、今年こそは強い鹿島が戻ってくることを願っています。

大野俊三(おおの しゅんぞう)プロフィール>
元プロサッカー選手。1965年3月29日生まれ、千葉県船橋市出身。1983年に市立習志野高校を卒業後、住友金属工業に入社。1992年鹿島アント ラーズ設立とともにプロ契約を結び、屈強のディフェンダーとして初期のアントラーズ黄金時代を支えた。京都パープルサンガに移籍したのち96年末に現役引 退。その後の2年間を同クラブの指導スタッフ、普及スタッフとして過ごす。現在、鹿島ハイツスポーツプラザ(http://kashima- hsp.com/)の総支配人としてソフト、ハード両面でのスポーツ拠点作りに励む傍ら、サッカー教室やTV解説等で多忙な日々を過ごしている。93年J リーグベストイレブン、元日本代表。
編集部からのお知らせ!