辻野晃一郎「潮目が変わったいまこそ、一人一人が前向きに進んで行く姿勢が大事」

現代ビジネスブレイブリーダーシップマガジンより

2013年の経済は明るいスタートになった

 早いもので年が変わって2013年を迎えてからすでに初月も終わりに近づいています。その間に発生したアルジェリアでのテロ事件は世界中に大きな衝撃をもたらしました。10名もの日本人を始めとする多くの尊い命が犠牲となったことはあまりにも無念であり、犠牲者の皆様に心から深い哀悼の意を表するものであります。

 上記の事件は第二次安倍内閣の危機対応に関する最初の試練となりましたが、てきぱきと陣頭指揮を執る安倍首相の姿は悪くないと感じました。また、安倍内閣は直ちに経済再生を最優先で精力的に動き始め、これまでのところ、緊急経済対策の策定や産業競争力会議の組織化などのアクションも非常に迅速でした。

 アベノミクスへの賛否はさまざまあるものの、結果的に株価や為替も好感しており、2013年は近年になく明るいスタートになったと感じております。とにかく、早急なデフレ脱却と成長戦略の確実な実行に大いに期待したいと思います。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら