特別レポート プロ野球OBたちがタマげた 大谷翔平はやっぱり天才打者だった

週刊現代 プロフィール

 大谷が藤浪から放ったあの一打で見せた、器用さと身体の柔軟性に限っても、彼の凄さは歴然としていますよ。あれでまだ高校生なんですから、末恐ろしいですね」

 前出・駒田氏も言う。

「内角が課題とは言いましたが、まずは意識しすぎず、バックスクリーンに打ち込むイメージで、センター返しを心がけていれば、それだけでも、それなりに成績を残せるだけの身体能力があるわけですから」

 大谷が入団した日本ハムにも、見本としてうってつけの先輩がいると、駒田氏は続ける。

「大谷のバッティングは、糸井(嘉男)がいい参考になると思います。糸井も150km後半のストレートを武器とする投手として自由獲得枠で入団しながら、後に外野手に転向した選手。それが信じられないスピードで、リーグのベストナインの常連にまで成長しました。そんな、球界随一といわれる糸井の身体能力と比べても、大谷は決して見劣りしません」

 糸井だけではない。

 昨季、全試合で4番に座った中田翔は、大阪桐蔭高時代、最速151kmのエースでもあった。視界を広げれば、ヤンキースのイチローも、世界の王貞治も、高校時代はチームのエースでもあったのだ。

いつ決断するのか

 前出・岡田氏は、「二刀流」への挑戦を評価しながらも、あくまで「打者・大谷」への期待を口にする。

「二刀流への挑戦は素晴らしいし、いいことだと思う。だけど、これだけ注目されると、結果を求めるマスコミとの闘いもある。見られている、という重圧は、思わぬ焦りやオーバーワークを招いて、ケガの原因にもなるから。

 一番の課題は、首脳陣がいかに、大谷にバッター一本でいく決意を固めさせるか、じゃないだろうか」

 野村氏の意見はこうだ。

「投手出の僕は、ピッチャーの大谷君ももちろんすごく楽しみにしているんです。でも以前、立浪と一緒に大谷君の映像を見る機会があったんですが、立浪は『これはすごい打者になるよ』と話していました。そんな風に2通りの夢が語られるだけでも、特別な選手ですよね」

 一方、小早川氏は、こんな言葉で、大谷の才能に夢を託すのだ。