特別レポート プロ野球OBたちがタマげた 大谷翔平はやっぱり天才打者だった

週刊現代 プロフィール

「バッターとして、10年、いや20年に一度、出るか出ないかの素材。松井(秀喜)と落合(博満)を足したような、とんでもないバッターになると思う」

 と、最大限の賛辞を贈る。

 松井秀喜、落合博満、さらには高橋由伸に榎本喜八……。大谷の打撃スタイルは、ありとあらゆる名バッターにたとえられ、高く評価されている。なぜこれほどまで、多くのプロ野球OBたちが、「バッター大谷翔平」への期待を膨らませているのだろうか。

 オリックス監督時代から、「大谷は打者として育てるべき」と考えていたという岡田氏は、大谷の非凡さを、このように説明する。

「大谷は、両ヒザの使い方が非常に柔らかく、うまい。これは紛れもなく天性のもので、私がバッターの将来を判断する最も重要なポイントです。

 さらにボールの捉え方や、どこにボールが飛ぶか予測できないバットの捌き方も、持って生まれた特長で、教えて伸ばせる技術じゃない。これこそが、(打席の)左右の違いはあるが、落合を思わせる点で、大谷をバッターとして育てるべき理由の一つでもあるんです」

 プロ野球史上で唯一、三冠王に3度も輝いた落合氏は、現役時代、自らを「中距離打者だ」と話していたことがある。岡田氏の大谷評もまた、

「スイングには中距離ヒッターのイメージがある」

 というものだ。

「ああいうスイングができるなら、体力をつけていけば狙って本塁打を打てる選手になる。

 そういう意味でも、1年目から一軍で使うべきじゃないかな。打者は試合の中で体力をつけていくものだから。同じ高卒で日本ハムの中田翔も、1年目から使っていたら今の中田になるのに時間はかからなかったはず。星野(仙一)さんが中日の監督時代に立浪(和義)をそうしたように、我慢して使うのがいいと思う」

ものすごいバランス感覚

 実際に大谷の打撃を間近で見た、前出の小早川氏も、

「スイングに関しては、すでに一軍でも通用するレベルにあるでしょう」

 と語る。だが、その根拠として挙げたのは、意外にも素振りやティーバッティングではなく、「キャッチボール」だった。