[MLB]
佐野慈紀「松井秀喜だからこそできること」

スポーツコミュニケーションズ

世界発信してほしい「野球」の良さ

 さて、引退の発表会見を見ながら、「松井秀喜」という人柄を感じていました。言葉の端々にファンや支えてくれた人のことを考えながら野球をやっていたことが表れていたからです。おそらく松井本人も志半ばでの決断だったことでしょう。満足し納得して引退を決意する選手など、ほどんどいません。彼も可能であれば、まだまだやりたいという気持ちはあったはずです。しかし、冷静に現実を見れば、自分はもう100%のパフォーマンスを見せることができない。だから、彼は引退を決意したのです。

 私が嬉しかったのは、「草野球の予定が入っているし、まだまだプレーしたいと思っている」と語ってくれたことです。野球から離れないでいてくれることに、ホッとしたのです。なぜなら現役こそ引退したものの、彼にしかできないことが、野球界にはたくさんあるはずだからです。今後はどんどん表に出て、活動してほしいなと思っています。

 一部報道では古巣のコーチや監督への話も浮上しているようですが、僕はそれこそ、いつかは野球界における真のグローバル化を実現してほしいなと思っています。つまり、メジャーリーグのコーチや監督として活躍してほしいなと。その理由のひとつは、世界に日本の「野球」を発信してほしいと思っているからです。

 確かにメジャーリーグは選手がパフォーマンスを出すには、最高の場所です。しかし、日本の「野球」が「ベースボール」に勝っている点はたくさんあります。それは技術のみならずです。日本では練習の前後にグラウンドに一礼をし、そして高校までは試合の前後には相手や応援団に向かって礼をしますね。また、道具を大事にすることも教わります。こうした人間教育が自然に行なわれているのです。だからこそ、松井をはじめとした日本人プレーヤーの人柄や言動に対して、メジャー界からも称賛の声が聞かれるのです。