二宮清純レポート 栗山巧(西武ライオンズ外野手)ピッチャーに一番嫌われる男

週刊現代 プロフィール

「いや、飛ばせません」

「だったら、つなぎのバッティングを目指すしかないやろう。オマエが引っ張ってばかりいて一軍に呼んでもらえると思うか?逆方向に打てるようにならんと(一軍には)上がれんな」

 どう力んでも、中村ほどボールを遠くへ飛ばすことはできない。たとえるなら大砲とピストルだ。ピストルがプロの世界で生きていくためには弾丸、つまり打球の精度を高めなくてはいけない。

 外野手の頭を越すのではなく、野手のいないところへ打つ技術—。栗山に求められたのは、これだった。

 田辺の回想。

「外のボールはうまいこと反対方向に打てるんですけど、真ん中からインサイド寄りのボールは詰まっても引っ張っていました。だから、どうしても凡打になる確率が高くなる。

 僕が期待したのは差し込まれてもバットを返さず、押し込むようにレフト前やセンター前に落とすバッティング。これができれば自ずと率も上がっていくんです。はじめのうちは、どうも僕の言っていることが理解できないようでしたが、徐々にそのコツを覚えていきましたね」

 少年の頃、栗山が憧れたイチローこそは、まさにその技術のオーソリティーだった。彼は確信犯的にどん詰まりのヒットを打つことができた。

 それは第2回WBCに向けたキャンプで、イチローが当時、横浜に所属していた内川聖一(ソフトバンク)と交わした会話からも明らかである。

「イチローさん、わざと詰まらせて打つ時ってあるんですか?」

「あるよ。追い込まれた時に内角のボールをカーンとライトに引っ張ってファウルを打ったところで、ピッチャーは何とも思わないんだ。オレはピッチャーに一番ダメージを与えるような打球は何かといつも考えている。詰まってグシャッとなってもヒットになる。これがピッチャーにとっては一番嫌なんじゃないかな」

 目指す方向は決まった。問題は〝どん詰まり〟を打つ技術を、どう習得するか、である。

 再び田辺の回想。

「栗山のスイングには明らかに欠点があった。上半身と下半身の動きが一致していないんです。ブレているというか、上半身の力に頼り切ったバッティングになっていた。