[陸上]
白戸太朗「一生懸命遊べ!」

スポーツコミュニケーションズ

オリンピアンも真剣に

 さらにオリンピアンたちも最初の挨拶では、にこやかな表情を見せていたものの、スタート地点では意外に真剣な表情に。とはいえ現役を離れて長い方や、「走る」という行為に縁がない方々など一般参加者より速くない方も少なくないわけで……。

タスキがあるからチームスポーツ

 それでも一生懸命に遊ぶことには長けた人たちなので、まじめに走り、楽しんでいるのが伝わってくる。「いやぁ、思わず真剣になってしまいましたが、さすがにダメですね。このままでは終われないので練習します!」という吉原さんのゴール後のコメントがそれを代表している。そんないい雰囲気は伝染するのだろう、会場内の参加者もスタッフも含めて心地良い空間が生まれていた。

「一流選手と空間をともにして、スポーツの楽しさを共有する」というイベントの狙いは十分に果たしていたと思われる。だが、果たして本題の「オリンピック・パラリンピック招致ムーブメントの盛り上げ」というのはどうだったのだろうか。無理やりなロジックでこじつけることはできるかもしれないが、正直なところで言うならば、その効果は図りかねる。

 ただ、それを高めていくためにもスポーツの魅力や、楽しさを実感している人口を増やすことも大切だろう。さらに本物が解き放つ不思議なエネルギーや、それが周りに与える影響を感じてもらう機会は必須である。そういう点では十分に意味のあったイベントになったのかもしれない。

ゴールは誰にとっても格別

 ともあれ、一生懸命楽しんでいる参加者を見ていると、そんなことを考えることさえ不要に思えてくる。何かのために「スポーツをする」「させる」ということ自体がナンセンスなのかもしれない。

「スポーツとは遊ぶこと。それも一生懸命遊ぶこと」

 そんなことを考えながら、ラストランナーを迎えてEKIDENはフィナーレを迎えた。

<白戸太朗(しらと たろう)プロフィール>
スポーツナビゲーター&プロトライアスリート。日本人として最初にトライアスロンワールドカップを転戦し、その後はアイアンマン(ロングディスタンス)へ転向、息の長い活動を続ける。近年はアドベンチャーレースへも積極的に参加、世界中を転戦している。スカイパーフェクTV(J Sports)のレギュラーキャスターをつとめるなど、スポーツを多角的に説くナビゲータとして活躍中。08年11月、トライアスロンを国内に普及、発展させていくための新会社「株式会社アスロニア」の代表取締役に就任。『仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?』(マガジンハウス)が発売中。
>>白戸太朗オフィシャルサイト
>>株式会社アスロニア ホームページ
編集部からのお知らせ!