ユニクロ柳井正登場!日本人よもっと必死でカネを稼ごう 『フォーブス』誌が認定した日本一の金持ち

週刊現代 プロフィール

 民主党政権の一番の問題は、菅(直人・前総理)さんのような市民運動の代表や、輿石(東・幹事長)さんのような労働組合の代表が、国を運営していることでしょう。とくに菅さんは、何もやっていないし、何より、言うことがコロコロ変わる。トップたるもの、首尾一貫して自分の主義や主張のために命をかけるのは当たり前のことです。あれだけ変節が激しくては、部下は誰もついていけない。市民運動で局所的に、一時的にやるならいいですが、国の行政で、あらゆる人に影響することを急場しのぎのように変えていたら、誰も信用しなくなるのは当然でしょう。そして、最後は地位にしがみついて。みっともなかったですね。

 野田(佳彦)総理は、言動に安定感があったし、前の二人に比べれば信頼できた。しかし、人を選ぶ目がないのが残念です。防衛大臣が何度も替わったり、最近では田中慶秋前法務大臣の辞職の際のドタバタは、見るに堪えなかった。

 民主党の政治家たちは、マニフェストの実現に命をかけるなんて言って、誰一人として命なんかかけていない。大嘘つきばかりですよ。

 いままさに、総選挙に向けて巷間が騒がしくなっていますね。残念ながら、期待できる政治家はいません。財界などのビジネス関係者、うちの社員などと話してみても、みんな誰も期待できないと言っています。最悪な状況です。

 安倍(晋三・自民党総裁)さんは、右翼的なところと、自民党的な「バラマキ体質」が良くない。発言が軽すぎるし、もっと考えて発言したほうがいい。「国防軍」のようなタカ派的な発想や、「国土強靱化」を掲げて公共事業を増やすと公言したことで、支持率は落ちるのではないかと思います。

 橋下(徹・大阪市長)さんには、以前は期待をしていました。彼は日本の統治機構を変えるという姿勢や、実行力を持っている。小泉純一郎(元総理)さん以来の強いリーダーかもしれないと。しかし、石原(慎太郎・日本維新の会代表)さんと、主義や主張が違うのにくっついてしまった。あれは良くない。橋下さんは目立つ存在だし、他の人に利用されてしまうのでは、と心配です。

 石原さんは、根っこのところで「文学者」なのではないかと思います。政治家ではない。非常に思想的です。国民と一緒に、という部分が欠落している。戦争してもいい、と言っているように聞こえますが、自分一人で立ち向かうのとは話が違います。政治家が、とくに日本を代表しようという人が、好戦的な発言をするというのは理解できません。

 そもそも、選挙民たる都民から選任されて都知事になったのですから、任期をまっとうすべきでした。結局自分の都合で責任を放り投げたのでしょう。批判されてしかるべきだと思います。

 国民のために政治をしようと、本心から思っている人に政治をして欲しいですね。今のままでは、日本は悪くなるばかりです。