英誌で「世界14位」、
転勤族が最後に「福岡」を選ぶワケ

羨ましい「住み替え」物語
セオリー
『モノクル』が注目していたエコの取り組みのひとつ。福岡市役所やヒルトン福岡シーホークで、電気自動車、三菱「i-MiEV」を貸し出す試みがされていた

 家賃の安さも大きなポイントです。わたしが東京杉並で借りていた一戸建ては120ヘーホーメートルで23万円、福岡で最初に借りた物件は180ヘーホーメートルで18万円でした。中心地の天神へバスで15分という立地でですよ。日本は物価も家賃も高くて住みにくいといわれますが、それは東京だけのことです」

 福岡で7年間勤めた大橋氏は51歳で退社したが、東京にも出身地の大阪にも帰らず、借家からほど近い西新に4LDKのマンションを購入したという。

「住んでみて予想以上に福岡の住みよさを実感したから、福岡に永住することに夫婦とも迷いはありませんでした。早すぎるリタイアと思う方もいるかもしれませんが、いろんな世界を旅して見てみたいんです。それにわたしは譲れる時期が来たら、地位や職権は後輩に渡すべきだと考えていました。その時期を客観的に見極めることができたから実行したんです」

韓国の釜山との間を2時間55分で結ぶ高速船。往復で2万4000円で日帰り海外旅行も可能

 現在は友人の会社で週数日、顧問を務める氏は、年3回は海外へ。

「ゴルフクラブ会員権を2つもち、プライベートなゴルフ会にも2つ参加していてコンペや旅行でけっこう忙しい(笑)。ほかの都市と同様に福岡には小さなコミュニケーショングループがたくさんありますが、紹介や飛び入りでの参加も自然なムードで会の垣根が低い気がしますね。

 趣味があれば会社以外のつきあいが絶対に広がりますよ。福岡へ来てから運転免許を取った妻は行動範囲まで広がったと喜んでいます。

椎にある集合住宅群「ネクサスワールド」では世界的建築家の設計作品に住むことができる。写真はレム・コールハース棟

 ここにいれば、どこへ行くにも日帰り感覚で遊べるんです。二日市や脇田の温泉場にも車で20〜30分で行けるし、会員権を持っている2つのゴルフ場も20〜30分です。

 映画を見に行くのも福岡ドームに行くにも歩いて15分。感覚的には、すべてが自分の手の届くところにある〝庭〟のようなイメージです。韓国の釜山だって広島と同距離で、高速船に乗って3時間弱で行ける。元気で活動的でいるかぎり、福岡で暮らしたいですね」

ミドル世代に人気の高級住宅街ベスト3

 西新は市内でも指折りのハイソエリアに入るが、近所には西新中央商店街があり、〝リヤカー部隊〟と呼ばれるおばちゃんたちがとれたての野菜を露店売りしていて活気もある。庶民的な一面も持ち合わせており、住みやすそうだ。