# 「息子と僕のアスペルガー物語」 # ライフ

奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」【第5回】
「お前は天才だ」と呼ばれた日

奥村 隆 プロフィール

 「ザベテン、見たか? サザンがトップ取ったな!」

 「ザベテン」というのは、当時、毎週木曜日の夜9時から1時間、TBS系列で放送されていた音楽番組「ザ・ベストテン」のこと。「サザン」とはもちろん、桑田佳祐率いる「サザンオールスターズ」のことだ。

 この日、僕が話したくてウズウズしていたニュースとは、「ザ・ベストテン」で、サザンオールスターズの「BYE BYE MY LOVE」という曲が総合ランキングのトップに立ったことだった。

 「そんなのが大事なニュースなのか?」と呆れる人もいるかもしれない。しかし、10代の頃の僕にとって、それは世の中で起こるどんなことよりも重大で、気持ちをハッピーにさせるニュースだった。

 

 僕とTとMの3人は、小学生の頃からサザンの大ファンだった。でも当時は、チェッカーズ、松田聖子、中森明菜、田原俊彦、近藤真彦、小泉今日子などが次々とヒットを飛ばすアイドル全盛期。「ザ・ベストテン」の総合ランキングも、毎週のように彼らに席巻されていた。

 そんなアイドルの牙城を前夜、サザンが突き破り、総合ランキングのトップに立ったのである。『いとしのエリー』『チャコの海岸物語』以来、久々の快挙とのことだった。それは、「ザベテンおたく」で「サザンファン」だった僕たち3人にとって、躍り上がって喜ぶ他はない大ニュースだった。

「ザ・ベストテン」の順位を決める4つのランキング

 僕の問いかけに対し、Tは「もちろん見た!」と答えて喜びの表情を浮かべると、「BYE BYE MY LOVE」のサビの部分を歌い出した。近くの席で教科書を読んでいた秀才タイプのクラスメートがうるさそうに振り返った。「試験の前にうるせえんだよ!」と文句を言いたそうだったが、僕らの知ったことではなかった。

 腕っ節の強いTが睨み返すと、秀才クンは悔しそうに視線を教科書に戻した。僕とMも、Tの声に合わせて歌い始めた。まさに至福のときだった。

 こうして3人は、試験が始まる直前まで「ザ・ベストテン」とサザンの話を続けた。ちなみに、僕たちが「ザ・ベストテン」の話題で盛り上がるのは、この日に限ったことではない。番組が放送された翌日、つまり金曜日の朝はいつも同じ調子だった。

 前夜、番組で発表された総合ランキングに関して、中学生なりの分析を行うのである。それは、僕たち3人にとって、他にどんな重大な問題が起きていても決して欠かすことのできない「金曜朝の慣例行事」だった。