二宮清純レポート 特別版
ダルは出ない 4番もいない日本代表チームの監督
山本浩二 火中の栗を拾う覚悟

週刊現代 プロフィール

 山本は現役引退後に出版した自著『コージのなん友(とも)かん友(とも)』(日刊スポーツ出版社)で、松永についてこう述べている。

〈無名の広島・廿日市高から投手として法大入学後、うだつの上がらない僕を「打者の素質あり」と見抜いて、打者に転向させてくれた大恩人。もし、この松永さんが僕の前にいてくれなかったら、今の山本浩二もなく、平凡なサラリーマンになっていたことだろう〉

 '07年に野球殿堂入りを果たした松永の最大の功績は大学生7人、社会人13人からなる日本代表を率いてのロサンゼルス五輪金メダルである。

 周知のように当時の野球は公開競技。注目度は決して高くなかった。だが、松永には秘められたミッションがあった。

 「海外に門戸を閉ざしたままのプロ野球には絶望を感じていた。だったら、こちら(アマチュア)から打って出ようじゃないかと。チームは未熟でも未来に挑戦する喜びとやり甲斐を私は感じていました。ここから野球の国際化が始まるのだと・・・・・・」

 松永が懸命に〝坂の上の雲〟を追いかけたのは28年前のことだ。その延長線上に侍ジャパンは位置していると私は考える。

 愛弟子が代表監督に就任するにあたり、松永は直に電話を入れ、2つのことを伝えた。

 「ひとつは審判に文句を言わんこと。国際試合に出るような審判は皆、プライドが高い。文句を言ってプラスになることはひとつもないんですよ。

 2つ目は高めに不用意なボールを投げさせないこと。外国のバッターは日本人のような細やかさはないがパワーはある。一発で試合が決まることがある。これは注意しろよと」

 気骨の81歳は一呼吸おき、最後にこう付け加えた。

 「功は部下に、責は己に。この気持ちさえ忘れなければ・・・・・・」

 もうひとり、山本の監督就任を心から喜んだ人物がいる。元広島監督の古葉竹識(現東京国際大監督)だ。古葉は広島監督時代、4度のリーグ優勝と3度の日本一を達成しているが、4番としてチームを支えたのが山本である。

 「浩二は温厚そうに見えるかもしれませんが、どうして芯の強い男ですよ」

 そう前置きして、古葉はこんなエピソードを口にした。