「中田の4番」も「斎藤の開幕投手」も「パ・リーグ優勝」もすべて計算ずくだった「日本ハムモデル」勝てる組織はこう作る

週刊現代 プロフィール

 でも日本ハムは違う。『ドラフトで獲得した選手を二軍戦で育て、一軍で成長させる』という、ブレない方針がある。我々が胸を張って『育成のチームです』と言えるのは、必ず育てられる体制が整っているからです」(前出・藤井氏)

栗山はなぜ名監督か

 その育成法もやはり、他チームと比べると異質だ。

「鎌ヶ谷にある日本ハムの二軍練習場では、練習中のグラウンドでも、試合中のベンチでも、とにかく選手とコーチが会話する姿が至るところで見られるんです。コーチが選手に話しかけるチームは他にもありますが、日ハムほど選手からコーチに積極的に相談にいくファームは、他にはありません」(フリーライター)

 そこでは、一体どんな言葉が交わされているのか。前二軍監督の水上善雄氏が解説する。

「例えば、ある選手が『今日はあの球が打てません』と言って来たとします。でも我々は、そこではアドバイスはしない。『どうしてだと思う』と聞いて、更に考えさせる。理由を考えさせれば、弱点を克服するために必要な技術も自然と見えてくるでしょう。そうすれば、『こういう練習が足りなかったと思います』というところまで、自分で考えられるようになる。そこで『じゃあ、こういう練習はどうだ』と提案する。要は、『自分で考えられる選手』を育てていくのが、二軍のコーチ・監督の仕事なんです」

 考える習慣が身につけば、課題ができ、次の目標ができる。その目標をクリアしたときに、コーチは、

「次はどうしようか」

 と声をかける。

「若い選手たちが二軍で学ぶべきことは、『自分の正しい育て方』です。試合に出て、その中で実際に失敗して課題を見つけて、克服法を考えて、次の試合で実践する。そうしてやっと、成長するんです」

 検証し対策を講じても、試す場がなくては、成長は止まってしまう。だからこそ、若い選手は試合に出なければならない。少数精鋭という日本ハムの方針は、この点で一貫している。

「データ至上主義」—日本ハムは、そう揶揄されることも多い。昨年は、かつての4番打者・高橋信二をシーズン中に巨人にトレードで放出、'10年には、長年チームの人気を支えた森本稀哲のFA移籍をあっさり認め、「冷たい」と批判も浴びてきた。

「血が通ってない、といった表現も、よく耳にします」(前出・球団関係者)

 しかし、BOS創始者の一人である藤井氏に、