平野啓一郎 × 津田大介 対談「『分人』の時代を生きる ~〈本当の自分〉なんてどこにもいない」
11月5日(月)12時よりニコ生中継!

平野啓一郎 × 津田大介 対談
「『分人』の時代を生きる
~〈本当の自分〉なんてどこにもいない」
11月5日(月)12時よりニコ生中継!

[左]平野啓一郎さん(小説家)、[右]津田大介さん(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)

 この世界にたった一つの「本当の自分」など存在しない。人は状況によって、一緒にいる相手によって、それぞれ異なる自分、すなわち「分人」となる。たくさんいる分人たちは、どれも本当の自分である---。こんな斬新な人間観を新著『私とは何か 「個人」から「分人」へ』で論じた作家・平野啓一郎氏と、ジャーナリスト津田大介氏の特別対談です。

 嫌いな自分を肯定するにはどうすればいいのか。恋愛や家族関係や職場の人間関係に悩んだらどうすればいいのか。インターネットのさらなる発達により、未来社会で「分人化」はどこまで進むのか。「生」と「死」の意味はどう変わるのか・・・。新しい時代の到来とそこでの生き方を、お二人がたっぷり語り合います。

 

【中継日時】
11月5日(月) 12時開始予定

ニコニコ生放送「ゲキbiz田原チャンネル」はこちらから
URL: 
http://live.nicovideo.jp/watch/lv113460707

現代ビジネスの公式twitterは@gendai_biz。現代ビジネスがお送りするライブ中継のハッシュタグは#gendaitvです。
ご意見、ご質問をお寄せください。

 

【出演者プロフィール】
平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)

小説家。1975年愛知県生まれ。京都大学法学部卒。98年、大学在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』でデビュー。99年、同作で芥川賞受賞。著書に『一月物語』『葬送』『高瀬川』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』『かたちだけの愛』などの小説に加え、『ウェブ人間論』(梅田望夫氏との共著)、エッセイ集『モノローグ』、対談集『ディアローグ』などがある。公式ホームページ:http://k-hirano.com/

津田大介(つだ・だいすけ)
ジャーナリスト、メディア・アクティビスト。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。関西大学総合情報学部特任教授。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野として執筆活動を行う。ソーシャルメディアを利用した新しいジャーナリズムをさまざまな形で実践。著書に『Twitter社会論』『未来型サバイバル音楽論』『情報の呼吸法』『動員の革命』などがある。週刊有料メールマガジン「メディアの現場」配信中。