三枝成彰 第2回 「東日本大震災で親を失った子どもたちの夢をかなえる力になりたいと立ち上げた『3.11塾』」

島地 勝彦 プロフィール

立木 子どもたちのことを塾生って呼ぶのはいいね。でも、孤児と遺児ってどう区別しているの?

三枝 孤児は両親を失った子どもで、遺児は片方の親を失った子どもと区別しています、塾生募集はホームページ、イベント、媒体等の広報活動を通じて随時行っています。登録後は孤児も遺児も塾生と呼ばれます。しかも現住所が福島、宮城、岩手以外の孤児や遺児でも登録が出来ます。ただし、すべての要望に必ず応えられるとは限りません。

立木 それはそうだろうね。身の丈の要望にしか応えられないよね。

セオ いつまで支援をつづける考えなんですか?

三枝 0歳が成人するまでの期間、2031年ごろまでの約20年間としています。

シマジ 「東京のおじさん」や「東京のおばさん」はまちがいなく「東京のおじいさん」「東京のおばあさん」になりますね。

セオ 3.11塾のことはわかりました。それでは3.11塾を支援する会員になるにはどうすれはいいんですか?

三枝 ご支援いただくには会員になる方法と寄付をする方法の2種類あります。セオさん、ここに3.11塾へのご支援をお願いするパンフレットがあります。

シマジ セオ、これをそのまま載せてくれよ。

セオ えっ、乱暴ですね! でも子どもたちのためですから、コピペしましょう。