2012.10.10(Wed) 岡田 真理

ロイシンの重要性

筆者プロフィール&コラム概要

 ロイシンには、肝機能を向上させたり、疲労を改善したりとさまざまな働きがあるが、スポーツ界で着目されているのは、やはり「筋肉の強化」である。ロイシンにはインスリンの分泌を促す働きがあり、それにより筋肉にブドウ糖をエネルギーとして取り込ませることができるという。その作用のおかげで瞬発力や持久力が生まれ、運動後にも筋肉の成長・修復を助けることができるそうだ。

 ちなみに、ロイシンを豊富に含んだ食材を食べると、毛髪の健康状態がよくなるといわれており、育毛効果もあるという。しかし過剰摂取して必須アミノ酸のバランスが崩れると、かえって脱毛に繋がるというから要注意だ。

 そういえば、アスリートはみんな髪の艶がいいような気がしないでもない。脱毛は遺伝もあるのでなんとも言えないが、解説者やタレントになった元アスリートには髪がフサフサな人が多いように思う。ロイシンのおかげかどうかはわからないが・・・。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(おかだ・まり) スポーツライター、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション代表。1978年生まれ。立教大学卒業後、カリフォルニア大学エクステンションにてマーケティングのディプロマを取得。帰国後はプロアスリートのマネージメントに従事し、後にライターに転身。現在はアスリートのインタビュー記事を執筆する傍ら、ベースボール・レジェンド・ファウンデーションを運営している。


アスリートと「食」

自らのカラダに細心の注意を払うトップアスリートたちは食生活にもプロフェッショナルである。アスリートにとってもそうでない人にとっても役に立つ、スポーツ選手たちの食に関するエピソードを、自らもプロ選手のマネジメントに携わった気鋭のライターが紹介する。