二宮清純「栗山英樹と三原脩」

二宮 清純 プロフィール

2人に通じる“大局観”

 栗山さんの場合も海の向こうの野球を意識しての発言が目立ちます。長く1割台の打率に低迷していた中田翔選手について聞いた時です。4番を外さない理由を、こう述べました。

「打順を下げれば打てるのはわかっています。しかし僕は翔にウチの4番というより、将来的にはジャパンの4番に座ってもらいたいと考えているんです」

「三原さんには大局観があった」というのも栗山さんの持論です。目先の勝利も大切だが、それよりも大切なことは何か。それを考え続けた1年でした。

 三原脩さんと言えば、ライバルは水原茂さんです。「栗山監督が三原さんなら、僕は水原さんを目指す」という指導者が現れないものでしょうか。甘美なノスタルジーとしてではなく、知略を駆使した新時代の「巌流島の決戦」が見たいものです。

編集部からのお知らせ!