『病気になったバーテンダーの罪ほろぼしレシピ』 
~薬を使わずに生活習慣病を克服する138皿~
著者:藤村公洋 

 とは言っても帰りは毎日遅いし朝も早い。そこで、以前から「大地を守る会」の季節の野菜セット「ベジタ」を利用していたこともあり、毎週届く野菜をまとめて仕込み、日々の調理を最小限にする工夫をしてみたらこれが正解。かつて共に働いた板前やシェフ、寿司職人の仕事を思い出しながら試行錯誤する毎日が楽しくなっていくのに時間はかかりませんでした。

 3ヵ月後、潰瘍はなくなり、逆流性食道炎も症状はおさまりました。不思議なことに、食生活の変化は僕の気持ちまで変えていきました。丁寧に暮らすことは気持ちがいい。それは素敵な発見でした。ないない尽くしの食卓も、本来の日本人の生活だと思えば納得できる。冷たいものを摂らないと夏の暑さも辛くはない。油を使わないと洗いものも楽だ。僕は粗食を続け、野菜を食べ続けた。

 現在は、体調が回復してきたこともあり、少しずつ肉や油などの食材も食べ始めています。しかし、一年あまりの粗食生活を送った僕の体には、やはり野菜中心の食生活のほうが心地がよく、結局は野菜、少しの魚、極稀に肉を食べる、といった生活がしっくりくるのが現状です。

 いつの頃からか「感謝して、いただきます」という言葉を自然と使うようになりました。これからも手を抜かず、気を抜かず、感謝の気持ちを忘れないで日々を過ごしたいと思います。

 もし少しでも、生活習慣を変えたい方、野菜中心の食生活を送りたい方、肉や油がキツくなってきた方の食卓のヒントになれれば、こんなに幸せなことはありません。

藤村公洋

『病気になったバーテンダーの罪ほろぼしレシピ』
著者:藤村公洋
講談社刊 / 定価1,365円(税込み)

◎内容紹介◎

生活習慣病なら、生活を変えるしかない---。ある朝突然、逆流性食道炎と食道の潰瘍と腸炎になったバーテンダー・藤村公洋。それまでの暴飲暴食を見直し、肉、油、乳製品、刺激物、生野菜ナシの食生活を決意。実践した結果、見事生活習慣病を克服したレシピが、一冊のレシピ本になった。

編集部からのお知らせ!