実際に検査が受けられる 病院リスト付き

 「血の一滴」で病気はここまで分かる
週刊現代 プロフィール

 また、寿命を左右するといわれている「サーチュイン遺伝子」の活性度を調べることで、長生きできるかを調べたり、「○年後に○がんになる確率」といったことまで知ることも可能になってきている。

「妊婦血液でダウン症診断」---8月29日に大々的に報じられ、話題を呼んでいるこの検査。妊婦の血液中にわずかに含まれる胎児のDNA、つまり遺伝子情報を調べると、99%の精度でダウン症か否かを診断できるというものだ。もちろん倫理的な問題を考慮し、慎重に扱っていく必要があるが、今月中にも、国立成育医療研究センターなど5つの施設で導入される予定だという。

 従来、ダウン症は妊婦の腹部に針を刺して羊水を採取する方法で調べられてきた。けれどもこの検査には、妊婦の0・5%で流産する危険性が伴う。血液による検査なら、そのリスクはゼロに抑えられる。

「血の一滴」で病気の早期発見・早期治療ができるようになれば、病に苦しむ人が減り、医療費の削減にもつながる。血液検査の進歩が、人類にとっての大きな福音になる日も目前に迫っている。

「週刊現代」2012年9月15日号より