[アイランドリーグ]
香川・桜井広大「力の差をみせ、再び輝く場所へ」

スポーツコミュニケーションズ

手術したヒジは全力送球可能

――昨オフに戦力外通告を受けて、NPB球団からのオファーがなかった時点でいろいろな選択肢があったと思います。アイランドリーグでのプレーを選んだ理由は?
桜井: 西田(真二)監督と、昨年までコーチをしていた前田(忠節)さん(現福岡ソフトバンク2軍内野守備コーチ)がPL学園の先輩だったことが大きかったです。監督に相談したら「来いよ」と声をかけていただきました。アイランドリーグはNPBのスカウトの方もよく見に来ていますし、頑張って結果を出せば、すぐに復帰できる点にも魅力を感じました。

――ひじを痛めた影響で、これまでは基本的にはDHでの起用でしたが、前期の最終戦からはレフトの守備に就くようになりました。守りに関する不安は?
桜井: スローイングもホームベースまで返せますし、心配はしていません。でも、実戦の打球はノックとはまた違う。だから1球でも多く、試合で守備をして、早く感覚を取り戻したいと思っています。

――阪神を退団する原因となったひじ痛ですが、どのような状態だったんでしょう?
桜井: 一昨年のオフに靭帯と軟骨の部分の手術を受けたのですが、術後の経過が良くなかったんです。それで昨季は試合でバットにボールが当たるとヒジに痛みが走る状態でした。もちろんボールも投げられませんでしたね。

――その痛みは今は?
桜井: 全くありません。香川に来た時にはバッティングに関しては問題ないレベルになっていました。スローイングはまだまだでしたけど、徐々にキャッチボールからスタートして、全力送球できるところまで回復しています。

――NPB復帰を視野に入れてプレーするなかで、さらにレベルアップさせたい部分は?
桜井: すべてにおいて、さらに上を目指さなくていけないと感じています。やはり、このリーグの他の選手との力の差を見せたい。その意味では、より結果にこだわっていこうと考えています。打率も本塁打も打点も全部、前期を大きく上回りたい。

――香川にはタイガースファンも多いですから、桜井選手への注目度は高い。その点も励みになるでしょう?
桜井: 応援してくださる方がたくさんいらっしゃるのは本当にありがたいことです。皆さんのためにも、ぜひもう一度、NPBの1軍で活躍したい。それだけに集中して1日1日を過ごしていきます。

(聞き手:石田洋之)

※このインタビューは2012年7月に実施したものです。

編集部からのお知らせ!