大反響の「日本の大金持ち研究」遺産相続・詐欺・恐喝・骨肉の争い なってみないと分からない連続インタビュー大金持ちはこんなことで悩んでいる

週刊現代 プロフィール

「十数年前になりますが、仕事のプレッシャーから魔が差して、愛人を囲ったんです。最初は遊びのつもりでしたが、相手が妊娠して状況が変わった。『産みたい』とせがまれて断りきれず、結局、隠し子をもうけてしまいました。ずっとポケットマネーから養育費を払ってきましたが、その子も今は高校生。愛人は日陰の身のままで立派にわが子を育ててくれましたし、その子自身も素直ないい子です。それだけに、人生の先が見えてきた今、どうにかして彼ら母子に幾ばくかの資産を遺してやりたいと頭を悩ませているのです」

 できるものなら、妻にも息子にも知られない形で、愛人の家庭にも資産を分けてやりたいというのが会長の切なる思いだ。けれども実際には、それが難しい。

「遺言に書いたら家族にバレてしまう。生命保険も、血がつながっているなどの法的な関係を明示しないと、保険金の受取人に指定できない。最近できた生命保険信託を使えば、愛人や隠し子を受取人に指定できますが、相続税の申告の段階で、やはり家族にバレてしまう。相続税の申告は、財産を受け取った者全員の連名で行うので、愛人や隠し子の存在が、そこで明らかになってしまうのです」

 どのような形で愛人に資産を分けるか。まだ結論は出ていない。

「正妻と築いてきた家庭も、愛人とひそかに営んできた家庭も、私にとっては大切な家族です。できれば誰も悲しませたり傷つけたりしない形で、そっとケリをつけたい。もう少し模索してみようと思います」

相続はつまり「争族」である

 莫大な資産を稼いでも、お金は墓場までは持っていけない。愛人や隠し子がいなくても、資産家の悩みで一番多いのは相続の際の遺産分割だ。富裕層の相続税対策を多数行っている税理士法人チェスター代表税理士の福留正明氏が語る。

「大きな資産があるがゆえに、どう分けるかで揉めるわけです。財産が多ければ多いほど、また相続人が多ければ多いほど争いになりやすい。かつ、分けにくい財産をお持ちの方、具体的には非上場企業のオーナーさんとか、地主さんの場合はよく揉めます。とくに地主さんは先祖代々の土地は長男が受け継ぐべきだという考え方が強いので、次男や三男、長女・次女から、『長男だけ財産をいっぱい相続してズルい』と、現金を要求されるケースがよくあります。でも、地主さんの多くは、土地はあっても現金は意外と少ない。そこで兄弟間の"骨肉の争い"になるのです」

 たとえば、こんなケースがある。神奈川県下に計20億円相当の土地を持っていた地主が亡くなった。本来の相続人は長男と長女だが、地主は生前、長男の嫁を養子に入れて、長男夫妻を相続人にしていた。これは嫁いでいく実娘の取り分を減らし、所有している土地をできるだけ小さく分割しないようにするために、地主らがよく用いる手法だという。