栗城史多×安藤美冬 【第2回】
「苦しいエベレスト挑戦もみんなで楽しみたい」
すべてをリアルタイムで伝える登山家が目指す夢

栗城史多さん(登山家)と安藤美冬さん(spree代表取締役/フリーランス)

第1回はこちらをご覧ください。

僕はナルシストなんでしょうね

安藤: 栗城さんの中で、一人の30歳の男性である「僕」と、登山家である「栗城」が両立しているのは、わかる部分もあるんです。人間というのは多面的な存在だから、時によって、場合によって、あるいは所属しているコミュニティによって、複数のペルソナ(人格)を使い分けながら生きていますよね。栗城さんもそういうことはないですか?

栗城: 僕の場合、あまりないと思います。昔、野口健さん(登山家)の『落ちこぼれてエベレスト』という本を読んだんですが、その中に、野口さんがお父さんから「お前は野口健として生きろ」と言われる場面がある。この言葉はカッコいいな、素敵だなと思いましたね。「どこどこの誰々」とか「これこれの仕事をしている誰々」ではなくて、「野口健」として生きろという。

 僕も「どこどこの栗城」ではなくて、ずっと「栗城史多」として生きていきたいという思いを強く持っているので、そういう部分がふと出るのかもしれません。

安藤: 「僕」から「栗城」へ、スイッチのように変わるんですね。「栗城スイッチ」みたいな。

栗城: いや、単なるナルシストなんでしょうね(笑)。でも、生きている限り、「栗城史多」としてあり続けるのでなければ、楽しく面白い人生にはならないと思います。