[ロンドン五輪]
<第10日(5日)>フェンシング男子団体、銀メダル 室伏は銅 ボルトは五輪新で連覇達成

スポーツコミュニケーションズ

2大会連続で入賞者なし ~陸上・女子マラソン~

 ロンドン市内のバッキンガム宮殿前のマルを発着点に行なわれた女子マラソンは、残り約2キロのところでラストスパートをかけたティキ・ゲラナ(エチオピア)がトップでゴール。シドニー五輪で高橋尚子がマークした2時間23分14秒の五輪記録を上回る2時間23分07秒の好タイムでエチオピア人としては1996年アトランタ大会のファツマ・ロバ以来、2人目の金メダリストとなった。いずれも五輪初出場の日本人3人は、木崎良子(ダイハツ)が16位、尾崎好美が19位、重友梨佐(天満屋)は79位に終わった。

 今レースは五輪史上最もタフなレースと言っても過言ではなかった。五輪では史上初の周回となったコースは、約100カ所ものカーブ、車1台分しかない狭い路地、そしてバランスを崩しやすい石畳があるという稀にみる複雑さを擁していた。さらに前半は14度という気温の中、横殴りの雨が降るというマラソンにとっては悪条件が揃う。そんな中、英国王室の儀式を行なうために20世紀前半に造られた通り「ザ・マル」からスタートした五輪8回目となる女子マラソン。最初の1キロを3分30秒と各選手がレース展開の様子を探りながらのゆっくりとしたペースで始まった。

 雨は激しさを増し、路面にできた大きな水たまりがランナーたちを困らせた。さらに道幅によって横に広がったり、縦に伸びたりと集団のかたちが変化することで体力を奪われたのか、予想以上に早い段階でトップ集団の人数が絞られていく。その中で重友、尾崎、木崎の日本勢3人はトップ集団の前方に位置し、まずまずの走りを見せた。特に重友は自分の前に他のランナーがいない場所をキープし、位置取りの巧さを見せた。

 しかし4.2キロ地点、2回目のトラファルガー広場を過ぎた頃には、その重友が徐々に後方に下がって行き、日本勢3人が集団の中心にかたまって走るかたちとなった。その後、8キロ過ぎには第2集団になりつつある第1集団の後方に3人の姿が見えていた。その時点ではそろって30位前後に位置していたが、重友が徐々に遅れをとりはじめ、10キロを過ぎたあたりでは53位にまで下がった。

 だが、2度目のマラソンとなった今年1月の大阪国際女子マラソンで歴代9位の好タイムで優勝した重友が本領を発揮するのはここからだった。脅威の粘りで先頭集団に追いつくと、約15キロ地点では尾崎とともにトップ集団の先頭に立ってみせた。一方、木崎はペースを変えることなく、冷静な走りで集団の中央を位置をキープしていく。

 一度はトップに躍り出た重友と尾崎だったが、それは長くは続かなかった。ややペースが上がる中、徐々に後退していく尾崎と重友。重友は再び集団から離れていき、19キロ付近ではトップと12秒もの差をつけられる。さらに尾崎も木崎とともに20キロ手前で第2集団へと移り、20キロ地点でのトップとの差は木崎4秒、尾崎5秒、そして重友は19秒、距離にして100メートル近く離されてしまった。