[野球]
上田哲之「ダルビッシュ時代の投手たち」

スポーツコミュニケーションズ

“ダルビッシュ時代”の到来

 実際に、日本の投手の歴史は、ダルビッシュ以前と以後で、大きく変わった。最もわかりやすいのが「○○二世」という呼称である。かつて速球派左腕は、こぞって「江夏二世」だった。今、高校球界では、190センチ近い長身エースが注目される。これは、例えば松坂大輔(レッドソックス)が出現しても起きなかったことである。ダルビッシュが、投手は長身が有利という、本来は常識ではあっても、日本球界では必ずしも信用されてこなかった常識を、覆したのだ。

 その一つの成果が、今季、高卒ルーキーながら注目される“九州のダルビッシュ”こと、福岡ソフトバンクの武田翔太である。あるいは、センバツの優勝投手、大阪桐蔭の藤浪晋太郎。彼は、“浪速のダルビッシュ”の異名をとる。そして「ダルビッシュ時代」は、今、また一人、逸材を世に送り出そうとしている。センバツの一回戦でその藤浪と投げ合った花巻東の大谷翔平である。残念ながら、夏の甲子園には出られなかったが、岩手県予選で、なんと160キロを計測したのだ。高校生の160キロは、歴史的な事件である。日本の投手の歴史が動いた日といってもいい。

 その大谷は身長193センチ。投げ方もダルビッシュに通じるものがある。実際にそうコメントするスカウトもいるし(広島・宮本洋二郎スカウトなど)、たまたま見たテレビ朝日の番組では(番組名失念。すみません)、古田敦也氏が、大谷の投球フォームを解析して、右腕の使い方が、まさにダルビッシュだと分析していた。とくに、バックスイングに入るときの、右肘から手首の角度ですね。

 何よりもすごいのは、大谷の160キロが、低めから浮き上がるように捕手の手前でひと伸びして、低めのストライクだったということだ。これまで高校最速とされた寺原隼人(横浜DeNA)の158キロはボールだった。寺原は、ダルビッシュ以前に属する速球投手なのである。日本野球の投手の歴史は、ダルビッシュ時代に入ったといってよい。それはまた、日本球界が、世界のトップレベルと伍していく道でもある。