最後の球団に選んだのは名門ヤンキース
イチロー「同僚にも知らせなかった〝電撃トレード〟の全真相」

フライデー プロフィール
年間最多安打記録のかかった '04 年の終盤戦に、夫の試合を観戦する弓子夫人。オークランドでのアスレチックス戦で、熱心に声援を送る

「ただ成立まであまりにも急だったので製作が間に合わず、7月24日のマリナーズとの初戦に、イチローはやや大きめのサイズのユニホームと『51』の番号の入った昨年のスパイクで出場しました。夫の願いが叶い、弓子夫人も喜んでいるようですが、まだニューヨークの住まいも決まっていません。しばらくはホテル暮らしで、シアトルの豪邸も所有したままになると思います」(前出・ライター)

 だが来季の契約は結ばれていない。イチローは今季残り2ヵ月で結果を残さなければ、来年ピンストライプのユニホームを着られるとは限らないのだ。名門チームでの活躍を選手生活の集大成にしたいイチローには、苦難の道が待っている。

「フライデー」2012年8月10日号より