[ロンドン五輪]
<第5日(31日)>競泳・松田が2大会連続の銅メダル、柔道・上野も銅

卓球・石川は3位決定戦へ 体操女子団体は8位
スポーツコミュニケーションズ

中井、「メダルを獲りたかった」

 男子81キロ級の中井貴裕(流通経済大)も準々決勝で敗れ、敗者復活戦から銅メダルを狙ったが、3位決定戦で一本負けを喫した。

 内股でひっくり返され、銅メダルに一歩及ばないことが決定した瞬間、大粒の涙がこぼれた。今大会の柔道男子では最年少で代表に選ばれた21歳にとって、収穫と課題の見えた五輪だった。

 敗れた3位決定戦、中井は立ち上がりから積極的に仕掛けた。大内刈り、小外刈りを連発し、イワン・ニフォントフ(ロシア)を崩す。パワーで下回る日本勢にとって、技のスピードとキレで勝負することは有効だ。準々決勝で対戦した前回大会の覇者オーレ・ビショフ(ドイツ)に対しても足技を繰り出し、攻める姿勢は出ていた。

 しかし、いくら技を出しても相手にしっかり組み手を握られれば危ない場面も増える。ビショフ戦では投げられて腹ばいで逃れたところを畳に顔面にぶつけ、鼻から出血。その後、大内刈りにいったところを返されて有効を奪われた。さらに、そのまま上に覆いかぶされると、腕をとられて極められ、一本負けした。

 3位決定戦でも相手に指導が入り、流れを引き寄せながら、そこからやや攻め急いだ。大外刈りを返されて技ありを奪われると、今度は大内刈りに行ったところを同じように内股で返された。持ち味の積極性を、勝利につなげる技術と経験を身につけるのがロンドンで課された宿題だ。

「メダルが何が何でも欲しかった」

 涙を拭いながら、中井は何度も「メダルが欲しかった」と繰り返した。この階級は2大会連続決勝で金メダルを争った金宰範(韓国)、ビショフなど世界的にも強豪が多い。悔しさを糧に4年後は一回り強くなって、今度は五輪の畳で笑いたい。