徳大寺有恒 第1回 「寛容な美しい精神をわたしに教えてくれた徳大寺さんには、土下座して謝ってもまだ足りない」

島地 勝彦 プロフィール

シマジ それは深い言葉ですね。徳大寺さんの幸運は実家が水戸でタクシー会社を経営していたことでしょう。大学生のころは夏休みに2種免許を取ってアルバイトでタクシーの運転手をやっていたっていうんだから、凄いですよね。徳大寺さんはジャグァーをいちばん愛しているようですが、何歳から乗っているんですか?

徳大寺 稼ぎが増えた40代からです。いまはもう生産していない12気筒を乗り回していました。

シマジ 徳大寺さんは事務所の近くの蕎麦屋へ行くにもジャグァーに乗ってましたよね。

徳大寺 はい。

シマジ まるでツッカケ代わりですね。

徳大寺 はい。でも時代は変わりまして、いまやジャグァーは英国のかつての植民地だったインドのタタ・モーターズに買収されたんです。

シマジ 『インドへの道』を書いたE.M.フォースターが知ったら卒倒する話ですね。

徳大寺 エンジンもBMWから提供されていますから、まったく壊れなくなってしまった。いままでのジャグァーでしたら、今日のように熱い日にはオーバーヒートしているでしょう。そうならないための対策として、夏はヒーターで水を熱して回しながら運転しなければいけなかったんです。

シマジ それじゃあオープンカーにしないと乗れなかったでしょう。