二宮清純レポート 野村祐輔23歳・広島東洋カープ 思考を止めないから相手の動きが見えてくる

週刊現代 プロフィール

「監督に救われました」

 卒業後は六大学の明大へ。実は野村は早大進学を希望していた。進路変更の理由は次のようなものだった。

 ある学校関係者が明かす。

「早稲田には1学年上に斎藤佑樹、福井優也(現広島)、大石達也(現埼玉西武)らがいた。右ピッチャーはたくさんいる。左ピッチャーなら獲ってもいいけどね、とやんわり断られてしまったようです」

 早大には門前払いをくらったものの、何たって甲子園の準優勝投手だ。引く手は数多だった。

 再び、先の学校関係者。

「特待生で来てくれとか、いい条件を出してくる大学はたくさんありました。しかし本人は特待生扱いではない明治を選んだ。自分を受け入れてくれなかった早稲田を倒したいと考えていたのでしょう」

相手のスクイズが読める

 大学の4年間で細かった体は驚くほどたくましくなり、腕も一回り太くなった。体づくりを支えたのがトレーナーの成瀬浩次だ。

「一番驚いたのは(天井から吊るされたロープを活用して体の機能を高める)レッドコードを取り入れたトレーニングをやらせた時です。このトレーニングは陸上の福島千里選手が取り入れたことで認知度が高まったのですが、当時はまだ一般的ではなく、僕が指導しているトレーニング施設に来ないとできなかった。

 そこで週に1回、選手たちを集めてトレーニングをやらせてみたのですが、彼だけは2回目から普通にできるようになっていました。これは僕が知る限りでは最短記録です。

 いくらトップアスリートといっても、最初は逆さ吊りの姿勢を維持することすら難しい。ところが彼は〝どこで練習してきたんだろう〟とビックリするくらい習得が早かった。逆さ吊りから平気で腹筋や背筋をしていました。身体能力の高さはもちろん、適応能力が他の選手たちとは全く違っていましたね」

 1年の春から神宮のマウンドに立ち、こうしたトレーニングの甲斐あって、六大学史上7人目の30勝300奪三振を記録した。斎藤に続く快挙だった。

 さして上背があるわけではない。ボールが速いわけでもない。それでも勝てるのは観察力や洞察力が並外れてすぐれているからに他ならない。このあたりは斎藤とも共通している。