[サッカー]
大野俊三「W杯最終予選、最大の収穫」

スポーツコミュニケーションズ

守りから生み出したリズム

 そして、ザックジャパンのもう1つのテーマである「しっかり守って攻撃に繋げる」サッカーが垣間見えたのが、アウェーのオーストラリア戦です。

 この試合、日本は序盤に体格で勝る相手の高さと強さを生かしたロングボール主体の攻撃に押し込まれました。しかし、これは戦前から想定されていたことです。ポイントは前回指摘したように、サイドに深く侵入され、クロスを上げられないようにすることでした。結果的に日本は、この対応がしっかりしていました。相手に対してDFが体を寄せてプレッシャーを与え、またサイドのスペースを消していたため、クロスを上げられはしましたが、精度の高いキックは少なかったです。これが相手のパワーサッカーにも大崩れしなかった最大の要因でしょう。

 そして、前半途中からは日本がボールをキープする時間が増えました。相手の攻撃をしっかりと防いだことで、チームに落ち着きとリズムが生まれたのでしょう。逆に、オーストラリアは思うようなサッカーができず、勢いが弱まりました。後半に相手選手が1人退場してしまったのも余裕のなさの表れと言えます。つまり、日本は守りながらも相手を追い詰めていたのです。

 このオーストラリア戦では栗原勇蔵(横浜FM)に注目して試合を観ていました。ヨルダン戦で負傷した吉田麻也(VVV)の代役として、どれだけの働きができるのか。結論から言えば、自分の役割をきちんとこなしていました。相手選手に最後まで体を寄せ、クロスボールに対しても、前方へのクリアなのか、CKにしてでも防ぐのかといった判断が冷静にできていましたね。さらに攻撃時には縦パスを通し、起点にもなっていました。誰が出てもチームのクオリティが変化しないのは長丁場の戦いでは大切なこと。吉田不在を感じさせなかった守りの安定も今回の収穫と言えるでしょう。