[サッカー]
大野俊三「最終予選、“新生・本田”が日本を引っ張る!」

スポーツコミュニケーションズ

宮市、森本は攻撃のアクセントに

 バックアップの戦力に目を移すと、宮市亮(ボルトン)や高橋秀人(FC東京)、酒井宏樹(柏)がA代表デビューを果たし、それぞれいいパフォーマンスを見せていました。なかでも最も大きなインパクトを残したのは宮市です。ピッチに入ったばかりの時間帯は緊張からか足がもつれる場面もありましたが(苦笑)、徐々にゲームの流れに入ることができていました。彼がみせたスピードは相手DFにとって脅威だったはずです。

 アゼルバイジャン戦では後半からの途中出場でしたが、私は最終予選も同じ起用法で良いと思っています。後半20分を過ぎた時間帯はピッチ上の選手にとって、一番苦しいタイミングです。体力はもちろん、瞬発力が落ち、反応や判断の早さも鈍ってきます。そこに宮市のような圧倒的なスピードで仕掛け倒せる選手を投入すれば、DFは対応できなくなっていきます。先日の試合でいえば、後半31分に左サイドでドリブルを仕掛け、ゴールラインのギリギリでクロスを上げたシーン。少し強引ではありましたが、結果的に岡崎慎司(シュツットガルト)のシュートへと持ち込みました。

 このような突破力は最終予選でもポイントになってきます。対戦相手が守りを固めても、サイドからの思い切った仕掛けで、ゴール前の相手DFは横から入ってくるボールと、前へ飛び出してくる選手の両方を気にする必要が出てきます。相手がボールに注意を奪われたスキに、前線の選手がマークを振りほどき、そこへピンポイントでクロスを入れる。こうなるとDFは対応が難しいものです。先にあげた岡崎のシュートが数的不利な状況でも打てた理由がここにあります。ですから、宮市にはどんな時間帯で起用されても、持ち前の仕掛けるスタイルを貫いてほしいものです。

 ただ、彼の突破力を活かすにはひとりの力では不可能です。たとえば左サイドで宮市がボールを持った時は、長友佑都(インテル)がオーバーラップをしてDFを引き付けるといったサポートが重要なのは言うまでもありません。宮市が前へ仕掛けにくい状況なら、一度、後ろにパスを出させ、相手DFを誘い出したところでアーリークロスを入れるといった工夫も求められます。宮市をうまく使いながら、チーム全体で波状攻撃を仕掛ける。これができれば、いくら相手が守りに徹してきても怖くはないでしょう。

 もうひとり、アゼルバイジャン戦で驚かされたのが森本貴幸(ノバーラ)です。前半17分、PA内中央で長谷部からの速いパスを左足でピタリと止め、次の瞬間には右足でシュートを打っていました。惜しくもオフサイドの判定でゴールにはならなかったものの、「これぞストライカー」と思わせられたシーンでした。このシーンのようにDFラインとの駆け引きに勝ってボールを受け、正確なトラップでキープされれば、もうDFはどうすることもできません。PA内ですから後ろから強引なプレスで倒してしまえば、PKを与える可能性が高くなるからです。この試合は腰を強打して負傷交代となりましたが、最終予選のメンバーにも選ばれていますし、問題はないでしょう。ハーフナー・マイク(フィテッセ)や前田遼一(磐田)に代わって、試合の途中から入り、攻撃のアクセントになることを期待しています。

編集部からのお知らせ!