プロ野球「若き才能」はこうして見出された

特別読み物 中村(ヤクルト)、岩田(中日)、堂林(広島)、宮國(巨人)、川端(オリックス)ほか
週刊現代 プロフィール

「特に打撃に関してはいいところが全然出ていなかった。試合前は結構いい顔して練習しているんだけど、試合中はいつも思いつめた表情をしていてね」

 久々に現れた「華のある」内野手に、入団以来チームは英才教育を施してきた。

「球団方針で、どんなに不調でも実戦で使うからね。なのに打てないことで、年中悶々とした状態だったみたいです」(内田氏)

 そこで内田氏は荒療治に打って出る。昨年オフ、宮崎で行われたフェニックス・リーグに行ったとき、特打に臨む堂林に、金属バットを握らせたのだ。

「彼を担当したスカウトから『スイングスピードと逆方向への打球が魅力』と聞いてね。金属ならバットが折れることもないし、思いっきり振れるだろうと思って、勧めたんです」

 最初は戸惑っていた堂林だったが、その期間中、特打には金属と木のバットを併用した。

「少しずつ強く振れてきたから、試合中にも『追い込まれたら逆方向に打ってみろ』と話したんです。するとチャンスでも打ってね。結局リーグ打率でも2位になった。自信になったんじゃないかな」(内田氏)

 昨季までの2年間で一軍出場0試合の堂林が、今季はチーム最多出場を続けている。内田氏が続ける。

「ただしフェニックスの成績のお陰ではないよ。所詮、レベルの低い教育リーグだから。それより悶々としてきたものが払拭されて、堂林本来のひたむきさが出てきたためです。それが(野村)監督の目に止まった」

 エラーしても凡退しても、堂林は使われる。もちろん「エリートの宿命」という側面はある。

「堂林は、それを飲み込んだ上で、野球に夢中になっている。彼は不調の時でも、ポカをしても絶対に地面を見ない。前を向き、反省し、またバットを振る。彼は12球団で一番練習する広島の中でも、トップクラスの『練習の虫』です。

 でも頑張っている意識なんてないんじゃないかな。ヒットがほしいだけ。いまはそれでいい」(内田氏)

止まれば抜かれる

 川郫宗則がアメリカへと渡り、盗塁王・本多雄一も戦線離脱中のソフトバンクでは、熾烈な定位置争いが繰り広げられている。内外野どこでも守るバイプレーヤー、9年目の明石健志(26歳)に挑むのは、堂林と同年の今宮健太(20歳)だ。

「性格は、かなり対照的ですね。大人しい今宮と、アピールのうまい明石。明石は後から入った本多や長谷川の後塵を拝した苦い記憶がある。でもその中でいまの技術を手に入れてきた」(藤本博史二軍打撃コーチ)