2012.05.20(Sun) 安倍 昭恵

京都吉兆三代目、徳岡邦夫さんに聞く【第3回】
「一次産業のひとたちとナパバレーにジャパンタウンをつくりたい!」

筆者プロフィール&コラム概要

安倍: 社員のみなさまからの反応はどうですか?

徳岡: はじめは、「なんでそんなことしないといけないのか」と文句を言う人もいました(笑)。でも今は反対する人はいないです。

 これまで厨房の人間は料理のことしか知らず、料理の話ばかりしていましたが、今では厨房で株価の話題がとびかったりと、話す内容も明らかに変わってきました。

 もちろん料理人ですので料理を知ることは基本ですが、料理が他の様々なものに通じているのだということを感じているのです。料理以外の世界を知ることで、好奇心が刺激され社会に対する視点が変わってきているので、人生の楽しみが広がり、みな喜んでいるようです。

安倍: 料理人は気難しい人が多いイメージでしたが・・・色々なお話をしているのですね。

徳岡: 物事を知らないと、気難しそうに無口でいた方が、格好よく見られやすいですからね(笑)。

復興支援で必要なのは「自らが立ち上がる仕組みをつくること」

安倍: 徳岡さんは復興支援のプロジェクトでクッキーをつくられているそうですね。被災地復興支援活動のお話を聞かせていただけますか。

徳岡: 色々な形で支援しています。震災直後に炊き出しをして、喜んでもらいましたが、徐々に「もういらない」という空気もあり、もっと違った形があるのではと模索していました。

 被災地支援活動では、自らが立ち上がる仕組みをつくることが必要で、いつまでも支援すればよいというものではない。「次の世代はどうするか?」という長期的な視点で自立につながることを考え実践することが必要だと感じていました。

安倍: 自立支援ですね。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(あべ・あきえ)元首相「安倍晋三」の妻。1987年、職場の上司の紹介で安倍晋太郎元外相(故人)の秘書を務めていた安倍晋三と結婚。
 


安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」

安倍晋三元首相の夫人、安倍昭恵さんが食の「匠」や学識経験者に話を聞きながら、日本の食について考える。