特別読み物どう見極めるのか プロ野球ザ・スカウト 才能があってもダメなヤツ、素質がなくても出てくるヤツ

週刊現代 プロフィール

3年で消えた「理由」

 慎重に選手を観察してきた矢野がスカウト人生の晩年に、その能力だけで惚れ込んだ選手がいる。

「素材としては、とびきりだった」

 石川の翌年のドラフトで4位指名し入団させた、泉正義(宇都宮学園)だ。

 高校時代、甲子園で最速150kmを記録。「江川二世」とまで呼ばれるほどの大器だった。しかしそれでも他球団が獲得を渋ったのは、持病の肩痛だけが原因ではなかった。

「彼が『札付き』だったことは、地元では知られたことでした。でも、あれほどの才能を埋もれさせてはいけないとも考えたんです」

 矢野はスカウト生活9年目。「才能に賭けてみたい」との思いもあった。だが泉に野球選手としての自覚を植えつけることは、想像以上に難しかった。

「入団後は毎日のように寮に通いました。肩の状態や、日常のことを話す。それでも高校時代の友人たちにあることないことを吹きこまれ、最後まで私への不信感を解いてくれなかった」

 泉はわずか3年で球界を去った。

「彼は最後まで、自分の価値を計り間違えていたんだと思います。一方で、泉同様に問題児扱いされていた畠山(和洋)が、今では一軍で4番を打っている。二軍監督時代の小川(淳司)監督が半ば無理やり機会を与え、自覚を植えつけた。二人の入団は2年しか違わない。同じ環境にいたんです。その差はやはり、自覚の問題ですよ」

 今季、まさに環境を与えられることでブレイクを果たしたのが、広島3年目の内野手、堂林翔太だ。

 春のキャンプ中、堂林はスカウト部長の苑田聡彦にこう告げられた。

「2年もやって一軍出場なしだろ。今年ダメならもう無理だぞ」

 ケツに火がついた。

 開幕スタメンを勝ち取った堂林は、一時リーグ首位打者に立つほどの活躍を見せている。

「今年が勝負とは思いましたけど、うまく行きすぎですかね(笑)」

 堂林を中学時代から調査していた松本有史スカウトも、舌を巻きっぱなしだ。