日本最初の西欧式劇場---
その舞台を飾った「帝劇女優」の生涯
女優の近代vol.3

vol.2はこちらをご覧ください。

 明治四十四年三月、帝国劇場が開場した。

 フランス・ルネサンス様式五階建て、千七百の客席はすべて椅子席とし、オーケストラ・ボックスを備える日本最初の完全な洋式劇場となった。

 日本はロシアとの戦争に勝利し、欧州の大国と比肩する存在となった。そのため、一等国としての体面を備えるため交通をはじめとして様々なインフラストラクチャーの整備を迫られることになったのである。

 首都にふさわしい西欧式の一流劇場が、首都整備の一環として計画され、渋沢栄一を筆頭とする財界人の出資によって建設された。

 設計、施工は横河民輔が担った。

森律子 帝劇女優第一期生の森(1890~1961)は、喜劇「ドッチャダンネ」でスターとなる

 横河は日本に鉄骨構造建築を導入した人物であり、またテーラーの『科学的管理法の原理』を自ら翻訳、配布した工業界の重鎮である。また主要な東洋陶磁を蒐めた『横河コレクション』は、世界的に高い評価を得ている(現在、東京国立博物館収蔵)。

 興行方針も、従来と一線を画して場内での飲食を禁止し、芝居茶屋制度を排除して切符制度による一ヵ月興行を導入した。

 女優は、川上貞奴の帝国女優養成所(後に帝国劇場付属技芸学校)の卒業生十一人が起用されている。

 その筆頭が、森律子であった。

 森律子については、前々回でも触れた―養成所に入ったため、跡見高女の同窓会から除名されたこと、第一高等学校に在籍していた弟が悲観して自殺したこと---。

 律子は、こけら落としに選ばれた山崎紫紅による当選脚本(帝劇は、創業にあわせて、一般公募で脚本を募集していた。当選作は複数あり、川口松太郎も当選している)、『頼朝』で「浦代姫」を演じた。「頼朝」が、松本幸四郎、「政子姫」が、尾上梅幸だった。
つまり、女性の役は女優が演じる、というルールは、はじめから、さほど尊重されていなかったのだろう。

美貌と背の高さが売りの喜劇女優

 その父、森肇は、法曹界の名物男だった。

 松山から上京し、苦学の末に弁護士試験に合格し、その後代議士にもなった父親は、由井正雪ばりの長髪で有名だった。その父が娘の門出を祝うために断髪式を行うと云いだしたのである。

 「会場は築地の精養軒で、時の国務大臣を始め、知名の士が五百人を越したほどの盛会で御座いました。/私は、話にある怪力のサムソンが、頭髪を断つた為に、力を失つたといふことを聞いて居りましたので、若しも父にも其様なことがあつてはと心配して、頻に止めましたが、父は何うしても聴入れませんでした。/舞台上に、断髪の鋏をとつて下さいましたのは、父の親友の花井卓蔵博士で御座いました。/その賑やかな宴会も終りに近づきました時、コツク場から小火が出まして、一時騒いだことを覚えて居ります。/燃上るとは、さい先よき前兆と、芝居道式に一寸かついだ、祝の言葉を述べた方も御座いました。(中略)父よりも年上で、やはり弁護士をして居られました、高梨哲四郎氏も同じく長髪を断たれてから、元気を失はれたといふ噂を伺つて、偶然の一致とは申しながら、本当に不思議な気がいたしました。(中略)父は自分の愛する髪の毛をまで犠牲にして、私の成功を祈つて呉れたのでした」(森律子『女優生活廿年』)

 自殺した弟に、断髪する父。感情量の多い一家で、その激情は律子にも受けつがれていた。

 手元に『帝劇』昭和三年七月号がある。誌面は、バイオリンの巨匠ジャック・ティボーの来演が紙数の大部分を占めているが、舞台の番組は「特別納涼興行 コメディー イヴニング」と銘打たれた。「六韜三略恋兵法」松居松翁、「三軒長屋」平山晋吉、「五ヵ国喜劇」太郎冠者、「七夕祭」園池公功の四作が上演されているが、この中で太郎冠者は別格の存在であった。帝劇の専務は「巻頭談」というコラムで「太郎冠者氏は既に喜劇作家として他の追随を許さない独自の天地を開拓され、世間では『太郎冠者式喜劇』と云ふ一つの部門を喜劇の中に作つて居る位特色あり、定評あるものである」と記している。

 戯作者太郎冠者は、益田太郎その人である。三井財閥の総帥鈍翁益田孝の次男。慶応義塾からケンブリッジのリース高校を経て、アントワープ商業大学を卒業、横浜正金銀行をへて、台湾製糖の取締役になった。千代田火災、森永製菓の重役もつとめている。

 財界人としては抜きんでた存在ではないが、喜劇作家としての手腕は見事だった。芝居を書き、演出するだけではなく、楽曲にもたけている。名曲「コロッケの唄」は、益田太郎の作詞、作曲である。

 その太郎が、コメディエンヌとして重用したのが、森律子だった。喜劇女優はミヤコ蝶々や三益愛子、森光子など、小柄が多い。けれども律子は大柄な美貌を特徴としていた。
益田は、その美貌や背の高さを、笑いをとる要素として活用したのである。その狙いは当たった。太郎冠者は、律子のために帝劇だけで三十四篇のコメディを書いている。再演を含めると膨大な上演回数になるだろう。その経緯を踏んで作家と女優は、親しくなっていった。

 益田太郎は、板倉勝全子爵の娘、貞との間に五男二女をもうけている。

 太郎には、ほかに元葭町の芸者だった岩崎登里という妾もいた。

 大正のなか頃くらいから、太郎と律子に関わるゴシップが流れている。記者から太郎冠者の脚本料が、律子に流れているのでは、と追及されたこともあった。益田太郎の伝記『喜劇の殿様』(高野正雄著)によると、律子は何冊か自伝めいた本を書いているが、不思議に太郎の名前が出てこない。高野氏の取材によれば、複数の人が太郎が代筆した、と証言しているという。自分で書いてしまえば、たしかに都合の悪い話は出てこないだろう。養女である森赫子---花柳章太郎と演じた『残菊物語』は、赫子畢生の傑作である---の証言によると、律子は太郎からの呼び出しがあれば、雪だろうと嵐だろうと駆けつけたという。その晩年、律子は毎日、太郎の身体をタオルで拭いてやったという。

 昭和二十八年五月十八日、太郎は死んだ。その八年後、昭和三十六年七月二十二日、律子は死去した。七十歳だった。

 拙稿の益田太郎にかかわる記述は、ほぼすべて高野正雄氏の記述に拠っている。高野氏は毎日新聞の記者時代、獅子文六の担当だった。益田太郎をモデルにした連載をすることになり---タイトルは『ハイカラ通人』だったそうな---資料集めをしていた矢先、獅子は急逝してしまった。『新青年』でユーモア小説家としてデビューした獅子の益田太郎は、読んでみたかった。

「週刊現代」2012年5月5・12日号より

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら