2012.04.11(Wed)

政府の説明不足が目立つ食品のセシウム新基準値――茨城大学高妻孝光教授に聞く

筆者プロフィール&コラム概要

危惧される恐怖心の拡大

 今回は真逆です。100ベクレルという基準を設けて、超えたら食べないでください、という。「それ未満だったら食べてください」という政府見解がないわけです。

 化学物質の社会影響や、放射性物質のリスクというのは白か黒で断定するのは困難です。

 例えば自然界には、放射性のカリウム40という物質があり、これを含む食品を食べれば被ばくするわけです。天然だろうが、事故由来だろうが、放射能は、100ベクレルは100ベクレルです。

 「自然の放射線被ばくはあります、これ位の量を食べるとこれだけ放射能を摂りますよね」と説明しているんです。すると、みなさんは「あ、これまでも放射能を摂っていなかったわけじゃないんですね」と気付きます。

 こうした説明がないため、今回の新基準で、「100ベクレル未満でも入っていればイヤだ」という流れが加速すると恐れています。

 3つめは、100ベクレルを超えた場合、あくまでも「出荷制限」だということです。事故直後の「摂取制限」ではありません。じゃあ、自分たちで食べるのはいいんですか、ということになります。「自分で食べる分には自己責任でかまいませんよ」と言ってくれれば、よほどすっきりします。

 これからは、漁業が大変なことになると思います。けれども、「出荷制限」したものを政府が買い取るのか、補償するのかという措置などはまだ何も決まっていないのはないでしょうか? 決まっていないのに、ポンと「100ベクレル」基準を出して「出荷制限」「出荷自粛を要請」というのは、対応が難しく、困惑を隠せざるをえないところです。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

賢者の知恵

週刊現代、セオリーより、マネー、生活関連の特集記事をお届けします。