2012年はソーシャルグッド元年? 多様性を増す国内ソーシャルグッドサービス10選

 今年2月に開催された「ソーシャルメディアウィーク東京」のセッションのひとつとして、「ソーシャルグッドとは何か?」というテーマが取り扱われました。企業のマーケティングや、スタートアップサービスが話題の中心になるソーシャルメディアウィークにおいて、「ソーシャルグッド」という言葉はまだまだ国内ではどこか毛色の違う単語という予想をしていましたが、当日の会場はほぼ満席となるほどの盛況。この1年間ほどで確実に、社会的関心が集まりつつある単語になってきていると感じました。

 "ソーシャルグッド"という単語に厳密な定義はなく、ソーシャルメディアウィークにおいてもその定義について話題になりました。さまざま角度で解釈のできるこの単語を本コラムでは『ソーシャル・ITで社会的課題を解決する』と解釈し、事例を紹介してきました。

 これまで、主に海外のWebサービスを紹介してきましたが、ここに来て国内も確実に充実してきています。今回の記事では、昨年から今年にかけて登場した国内ソーシャルグッドサービスを10コご紹介いたします。それぞれに特徴があり、これからの成長がとても楽しみなサービスです。ぜひ積極的に利用して国内の「ソーシャルグッド」を盛り上げましょう!

1.Skillstock

 Skillstockは、ボランティア希望のユーザーが自身のスキルを登録するプロボノプラットフォームです。そのスキルに応じたボランティア情報を取得したり、おなじスキルを持った仲間を見つけることができます。現在は震災復興のボランティア情報を中心に掲載。今後、社会人のプロボノ活動をサポートするサービスとして広まっていくでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら