[野球]
上田哲之「ヒーローの美と原型」

スポーツコミュニケーションズ

フォームに宿る美の根拠

 もう一人、気になる甲子園のヒーローがいる。菊池雄星(西武)である。菊池の高校時代の発言も、ちょっと中田と似たところがあった。つまり、いつも、投げる時の左ヒジの高さを気にしていたのである。「昨日のヒジの高さが、ベストです」とか、「はまりました」とか、しょっちゅう、そんなコメントをしていた。逆に言えば、ヒジの位置を決めきれないで、日々投げていたのだ。甲子園の菊池は、気持ちいいくらいビシビシ腕の振れるピッチャーだった。腕の振りを見ているだけで、満足できた。しかし、これから不振に陥った時、いちいちフォームを変えるのではないだろうか。彼に関しても、そんな一抹の不安はあった。

 この懸念も、現実のものとなった。今年のキャンプで、菊池はフォームを改造し、ヒジの位置を上げている。基本的には、ヒジの位置はある程度、高い方がいい。ましてや、今季はタテのカーブを習得している最中だという。とすれば、なおさらヒジの位置を上げるのは、いわば当然の帰結ともいえる。ただ、見ていると、どうもテイクバックの時に、上体が上を向くというか、そっくり返るように見える瞬間がある。わずかなことだが、たとえ瞬間的にでも、この形が見えるフォームの投手が大成したという記憶はない。まだまだ、道半ばなのだろう。次のレベルに上がるための、一つのステップとしての今のフォームであってほしい。だって、ダルビッシュを見てごらんよ。あんな形になっていないよ。というと、体の動きは一人一人別の個性だと言われるかもしれない。では、今よりも、もっと腕が振れていた花巻東時代の菊池と比べてみてはどうか。今の方が、技術的に上なのだと言われるかもしれない。しかし、美しいのは高校時代の方である。

 美には、必ず根拠となる理が宿っているのだ、と言いつのっておこう。中田と同じようにノーステップで打つ注目の打者に、早大ソフトボール部出身の大嶋匠(日本ハム)がいる。これは日本ハムのスカウトの勝利というべきだが、大嶋はおそらく近い将来、一軍で通用するのではないだろうか。大きくスタンスをとって、ノーステップで打つのだが、その両足、両ヒザの動きが実に柔らかいのである。中田を剛とすれば、大嶋は柔のノーステップ打法。だから、変化球でも左投手のボールでも、少なくとも捉えられるかたちでスイングしている。もちろん、ソフトボールという競技の特性もあるのだろうけれど、彼の本来の打ち方がノーステップ打法なのだろう。その点、中田は本来、ステップする打者だと私は思う。それを、彼らのフォームの原型と呼んでもいいだろう。

 フォームとは美である。そして、おそらくその美を生み出す起点は、その選手個々が本来的にもっているフォームの原型なのではないか。ダルビッシュとは全然違うけれども、例えば前田健太(広島)のフォームも美しい。彼は自らの原型を保ちながら、進化することのできた典型例である。例えば、高校時代と現在のフォームを比べても、形は、基本的には変わっていない。しかしながら、内実は、進化している。同じ形でも、センバツの時は腕の力に頼っていたが、今は下半身から投げる、というふうに。そこに、おそらくは前田の成功の秘密もあるのだ。

上田哲之(うえだてつゆき)1955年、広島に生まれる。5歳のとき、広島市民球場で見た興津立雄のバッティングフォームに感動して以来の野球ファン。石神井ベースボールクラブ会長兼投手。現在は書籍編集者。