[プロ野球]
佐野慈紀「キャンプで見た“和田タイガース”の現状」

スポーツコミュニケーションズ

先発と中継ぎの狭間での競争激化

 一方、投手陣はというと、和田監督いわく、今シーズンは試合の終盤、7、8、9回の3イニングでいかに逃げ切る体制を整えられるかということがポイントになってくるようです。8、9回は榎田大樹と藤川球児がいますので、問題は7回を誰に任せるかということになります。現在、先発ローテーションが確実視されているのは、能見篤史、岩田稔、メッセンジャー、スタンリッジの4人。彼らに続く5番手、6番手の枠を小林宏、久保康友、安藤優也、そして若手の鶴直人、秋山拓巳が争っている状態です。

 チームとしては、ローテーションの中に少なくとも1人は若手を入れたいという気持ちがあるでしょう。また、鶴、秋山は今のところ順調で、結果も残してはいるものの、セットアッパーというポジションを任せるには、やはり不安が残ります。というのも、彼らは調子のいい時は力を発揮できるのですが、調子が悪い時にもそれなりに投げてくれるという安心感はまだありません。そう考えると、小林、久保、安藤のうち、ローテーションからあふれたピッチャーがセットアッパーにまわるのではないかと思います。さらに久保田智之や福原忍、そして左の筒井和也がシーズンを通して安定してくれれば、強固な中継ぎ陣を形成することができるでしょう。