2012.02.23(Thu) 株式会社 ブランド総合研究所

秋葉原に各地域の缶詰を集めた缶詰バーがオープン

筆者プロフィール&コラム概要

 株式会社日本レストランエンタプライズ(東京都港区)は、JR秋葉原駅総武線高架下に、各地域の缶詰、約40種類を集めた「缶's Bar」を1月23日(月)に開業した。この店舗は、「缶詰を見て楽しみ、食べて楽しむ」をコンセプトとしており、JR東日本の社員が発案・事業の推進まで参画する社内ベンチャー制度から誕生したもの。

 缶詰そのものを味わえるほか、缶詰を活かした料理や"いぶりがっこ(秋田県、燻製大根の漬物)"や"刺身こんにゃく(群馬県)"など東日本エリアのご当地おつまみを味わうことができる。また、東日本エリアの地酒やワイン、焼酎など各種ドリンクも揃えている。

 11時から17時まではカフェタイムとして、ソフトドリンクやスパムを使ったホットサンドなどの軽食を提供するカフェバーとして営業。17時から23時まで(土日祝は21時まで)は、約40種類の缶詰や各種おつまみ、ドリンクが楽しめるスタンドバーとして営業する。
 

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。