2012.02.21(Tue) 株式会社 ブランド総合研究所

ご当地グルメの「八戸せんべい汁カップ」全国発売

筆者プロフィール&コラム概要

 東洋水産株式会社(本社:東京都港区)では、カップ入りスープ「マルちゃん カップ 八戸せんべい汁 しょうゆ味」を1月30日(月)より全国販売した。

 八戸せんべい汁とは、青森県八戸市を中心に青森県南から岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。季節の野菜などの具材を入れた汁物に堅焼きの南部せんべいを入れて食べるもので、明治30年代に登場し、昭和40年代には家庭料理として定着したと言われている。

 B級ご当地グルメの火付け役とも言われている「八戸せんべい汁」。2006年に八戸市で始まり、昨年で6回目を迎えた『B級ご当地グルメの祭典! B-1グランプリ』では、シルバーグランプリ(2位)を3回、ブロンズグランプリ(3位)を2回獲得するなど、人気の高いB級ご当地グルメとして有名だ。

 さらに、総務省が設置した分科会(緑の分権改革推進会議)の試算によると、「八戸せんべい汁」の経済波及効果(平成22年)は、563億円に上るなど、B級ご当地グルメでは全国でも指折りの経済波及効果を生み出している。

 その人気グルメを商品化した本商品は、お湯を注ぐだけで手軽に味わえるカップスープで、鶏だしベースのしょうゆ味スープに、モチモチとした南部せんべい特有の食感を楽しむことができる。地元取り組み団体の「八戸せんべい汁研究所」およびB-1グランプリを主催する「愛Bリーグ」の認定商品。

 価格は1個246円(税別)。全国のコンビニエンスストアや量販店、一般小売店で購入することができる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。