2012.02.20(Mon) 株式会社 ブランド総合研究所

大妻女子大生が地域振興策を提案

筆者プロフィール&コラム概要

 大妻女子大学(東京都千代田区)では、地域振興策をテーマに課題解決型授業「キャリア・デベロップメントプログラム」(CPD)を2006年から実施している。CPDでは、学生らがグループワークで取り組み、各種課題について企画・解決策を作成・提案するもので、自治体や企業等の提携先から提示された具体的な課題について、女学生ならではの感性や情報ネットワークを駆使して解決案を提言、それを具体化していくもの。

 1月30日に開催した「2011年度 キャリア・デベロップメントプログラム学部合同発表会」では、評価が高かった上位チームが集結。当日は、伊豆市、築地商店街、西武園と連携して生み出した企画提案が発表され、提携先の伊豆市長も来場した。

 これまでのCPDの取り組みでは、2010年に伊豆市の特産物を活用したご当地バーガー『THIS「IZU」LOVE バーガー』が提案され、ハート型の特徴的なバンズの形とユニークなネーミングで高く評価された。現在も市内の数店舗で販売されているなど地域振興に貢献しており、このような商品企画のほかにも、集客企画、ロゴ作成、デザインなどの様々な課題に対して、具体的な提案がされている。
 

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。