[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「球速は鍛えれば伸びる!」

スポーツコミュニケーションズ

投手王国を築く

 高尾と西村に関してはストレートのスピードを上げることが課題です。スピードは天性のものという考え方もありますが、僕はこれまでの経験から鍛えれば球速は伸びると信じています。僕も現役でヤクルトにいた頃、伊藤智仁コーチらの指導を受け、球速アップのトレーニングに励んでいました。重要なのは第一に下半身の強化、次に体幹の強化、そしてリリースのタイミングをつかむこと。独立リーグにはまだ体のできていない選手も多いので、伸びしろは十二分にあります。実績のある高尾にしても、まだ腹筋はNPBレベルではありません。両投手ともあと5キロほどアップして140キロ台中盤のボールを目指してほしいものです。

 酒井の場合はスタミナが強化ポイントになります。NPBでは失投は許してくれません。試合の最後までいいボールを投げ切れなくては、すぐにつかまってしまうでしょう。またボールの回転数を上げ、バットで捉えられても押し込めるように、キレを追い求めてほしいとも感じています。大場は9月の好調時にはスライダーが武器になりかけていました。彼はストレートにシンカー、チェンジアップと球種がありますが、“大場といえばこのボール”といった名刺代わりになるものがまだありません。彼は変則気味のオーバーハンドがひとつの特徴になっています。これにウイニングショットが加われば、スカウトの評価が上がるはずです。

 現状、香川の投手陣は選手登録の7名に加え、4人の練習生がチャンスをうかがっています。まだ詳細は明かせませんが、投手経験が浅いにもかかわらず、ものすごいストレートを投げる選手もいます。彼らが戦力になれば、さらに層に厚みが増します。野球は何より投手力が重要です。僕に与えられた役割は、この1年間で立派な投手王国を築くこと。全員が140キロ以上のストレートを投げ、相手打線を封じられるような強力なピッチングスタッフを確立していきたいと考えています。

 現役時代からピッチングについて考えるのは好きでしたし、教えることは苦ではありません。コーチを始めて、選手たちがいいボールを投げ、結果が出た時に一番、快感を覚えるようになりました。今年も各投手の笑顔が1回でも多く見られるよう、しっかりと見守りながらアドバイスをしていくつもりです。今季から野手のコーチには、長年ともに戦ってきた(近藤)智勝が就任します。西田監督の下、若い2人で協力して強いガイナーズを復活させます。昨年よりも進化したチームをぜひ応援に来てください。よろしくお願いします。

<伊藤秀範(いとう・ひでのり)プロフィール>:香川オリーブガイナーズコーチ
1982年8月22日、神奈川県出身。駒場学園高、ホンダを経て、05年、初年度のアイランドリーグ・香川に入団。140キロ台のストレートにスライダーなどの多彩な変化球を交えた投球を武器に、同年、12勝をマークして最多勝に輝く。翌年も11勝をあげてリーグを代表する右腕として活躍し、06年の育成ドラフトで東京ヤクルトから指名を受ける。ルーキーイヤーの07年には開幕前に支配下登録されると開幕1軍入りも果たした。08年限りで退団し、翌年はBCリーグの新潟アルビレックスBCで12勝をマーク。10年からは香川に復帰し、11年後期より、現役を引退して投手コーチに就任した。NPBでの通算成績は5試合、0勝1敗、防御率12.86。